【プロ厳選!】VRシューティング(FPS)ゲーム/アプリ9選!


最近作り込まれた傑作ゲームが増え、盛り上がりを見せるVRゲームですが、その中でも一人称視点が主流のシューティング系はVRとの相性は抜群です。

ハードウェアによって遊べるゲームが異なるため、この記事の前半ではスマホ用VR、後半では専用HMD用VRと個別におすすめのVRシューティングゲームを紹介します。

おすすめHMD用(PS VR/Steam)VRシューティング(FPS)ゲーム4選

ここらは、PS4対応のVRゴーグルであるPS VRやHTC VIVEといった高級HMD用VRシューティングを紹介します。

VRゾンビシューティングの金字塔 – Arizona Sunshine

arizona sunshine

Arizona SunshineはPSVRやHTC VIVE、Oculus Riftで遊べるVRシューターです。

ゲームモードは、ゾンビによって崩壊した世界を旅してた最中に聞こえてきたラジオの発信源、Arizona SunShine Radio局を全8ステージで構成されるストーリーモードと、次々と襲いかかってくるゾンビを倒すWaveモードがあります。

ストーリーモードでは拳銃やサブマシンガンといった片手武器を使うモードと小銃やアサルトライフルといった長物を使う両手武器モードの2つがあり、1つのストーリーモードで2度美味しいゲームとなっています。

2016年の12月に発売されたVRゲーム最初期のゲームでありながら、グラフィックが綺麗かつ幾度のアップデートによって、完成度が非常に高いのが特徴。

進行不能になるバグといった致命的なバグも無く、さらに2018年5月にDLCも発売されており、まだまた勢いのあるゲームです。

専用高級VRゴーグルに対応したシューティングゲームを購入するならば、まずは完成度の高いArizona Sunshineをおすすめします!

関連記事)Arizona Sunshineの遊び方、口コミを徹底解説!

強盗になりきれ?!圧倒的な非日常感 – Payday2 VR

Payday2 VRはSteamで販売されている、VRCoopシューティングゲームです。

ゲームの内容は犯罪アクションとなっており、町外れの銀行での銀行強盗や、現金輸送車や宝石店襲撃といったいかにも犯罪といったミッションや、汚職政治家からの依頼でライバルの政治家が応援している市長候補をはめるために、その市長候補の金庫に麻薬を置きに行くステルスミッションといった一風変わったミッションもあります。

さらには、かつての仲間を脱獄させたあとそのままの勢いでFBIに殴り込むミッションや、謎の傭兵集団から核弾頭を盗むミッションなどハチャメチャな数多くのミッションがあります。

銃火器も豊富で、拳銃からショットガン、サブマシンガンやアサルトライフル、ロケットランチャーまで全50丁を超えるほど用意されています。

pay day2

銃のカスタムも豊富なラインナップ

そして何より一番の魅力は、Payday2 VRはPayday2(所謂非VR版)と別売されているわけではないため、非VR版のプレイヤーと協力プレイ(Coop)ができます。そのため、友人を誘って遊びやすいのが特徴です。

幾度のアップデートによってコンテンツがかなり多いPayday2 VRは一人でも、友人と遊んでも楽しい、VRシューティングゲームの鉄板といえるゲームです。

Payday2が気になった方はこちら→)犯罪ゲームPAYDAY2 が面白過ぎる!感想や遊び方を徹底解説!

VR版対戦FPTの傑作 – Pavlov VR

Pavlov VR

Pavlov VRはHTC VIVEやOculus Riftに対応している、対戦メインのVRシューティングゲームです。

ゲームモードは、素早いリスポーンが特徴のチームデスマッチ(TDM)、敵を倒す毎に武器が変化するガンゲーム、そしてPavlovの一番の人気モードである、攻撃と防御の2チームにわかれて目標物への攻防を行う、リスポーンなしのサーチ・アンド・デストロイ(S&D)です。

それらのゲームモードで取り上げたいのが、サーチ・アンド・デストロイです。

他のFPSとは異なりラウンド勝利や敵を倒すことで、そのゲーム中のみに使えるお金が手に入り、そのお金で武器を購入して装備を強化する要素があります。

古くからFPSをやっている人には、CounterStrikeシリーズでお馴染みの要素と言えば伝わるでしょう。

武器やMAPもCounterStrikeシリーズからインスパイヤされたものが多く、VR版CounterStrikeと言えるかもしれません。

そのため、CounterStrikeシリーズならではのシビア差も引き継いでおり、対戦VRFPSの中では1,2を争う「ガチさ」があります。

さらに、VR独自の要素として敵を狙って撃つことに馴れが必要であるという点です

pavlov-vr-3

VRゲームなのでレティクル(FPSの画面上に登場する十字の照準)はなく、銃のサイトをしっかり覗かなければ、どこに弾が飛んでいくかわからないという要素もあり、ただCounterStrikeをVR化したゲームというわけではありません。

そのため敷居は低くないものの、プレイヤー人数も対戦VRシューティングゲームの中では多いで対戦FPSを遊びたい方におすすめです。

Pavlov VRについてもうちょっと詳しく知りたい方はこちら→)Pavlov VRの魅力や操作方法、評判レビューを徹底解説!

ダウンロードはこちら

超本格FPS VRゲーム! – Farpoint VR

是非オススメしたいVRシューティングゲーム、「Farpoint」。

舞台は赤茶けた広大な大地に岩山が広がる未知の惑星。クモのようなクリーチャーやスカベンジャーと呼ばれるハイテク兵器で武装した人型の敵が闊歩します。

上空には巨大な惑星が浮かんでいます。SF映画のような空間を360度見回しているだけでもテンションが上がります。

Farpoint

体を隠し、銃だけを出してのブラインドファイアや片目をつぶってガンサイトを覗き敵を狙い撃つなど、実戦さながらの射撃アクションは今作ならではの魅力!

画質に関してはそこまで取り立てて高画質という印象は受けませんが、壮大な景色や巨大な建造物などにはやはり圧倒されます。

巨大クモなどの敵に襲われると迫力がある上に、造形がかなり気持ち悪く「やらなきゃやられ…る!」という気分が盛り上がりアドレナリンがドバドバ出ちゃいます!

Farpointについてもうちょっと詳しく知りたい方はこちら→)PSVRで超本格FPS!Farpoint VRの概要・攻略方法・評価まとめ

歴史の長いグロ系FPSがVR化! – DOOM VFR

「DOOMシリーズ」といえば、1作目が1993年に発売された、人類初のFPSと認定されている歴史の長いFPSとしてよく知られており、今回紹介するDOOM VFRを含め作品は5本出ています。

どのシリーズも基本的に火星に住んでいるデーモンという生き物をザクザク倒す!という爽快感の溢れるゲーム設計となっており、VR化したことによってその体験性が格段に高まっているのが特徴です。


関連画像

この近接攻撃はよくあるナイフで刺すといったものではなく、首を両手でへし折る、頭を踏み潰す、敵を真っ二つに引きちぎるといった爽快感のあるアクションを体感できます。(ただし中々グロデスクですのでご注意ください…)

さらに、現実的な世界ではないためSFのようなレーザー銃やありえない装弾数をもったマシンガンといった、たのVRゲームでは登場しそうにない武器も使うことができ、トリガー一つで遅いかかかるデーモンを薙ぎ払うことができるのも気持ちの良さを演出してくれます。

関連画像

DOOM VFRの魅力や評判、価格などがもっと知りたい方はこちら→)グロ系FPS!DOOM VFRの評価や感想、攻略法を徹底解説!

戦場を生き抜く本格ミリタリーFPS – Bravo Team

Bravo Team

PlayStation®VR シューティングコントローラー対応のFPS型シューティングゲーム、Bravo Team・

ゲームタイトルからも分かる通り、このゲームはペアプレイが輝く内容となっていて、友人と二人でプレイすることを大いにオススメいたします。

モーションコントローラー及びDual Shock4でも体験可能ですが、シューティングコントローラーを使えば尚楽しくなるでしょう。

bravo-team-4

舞台はモルデオ国。主人公とそのパートナーはモルデオ大統領を護衛する任務に就いていたのですが、何者かの襲撃を受けて大統領が討たれ所属チームの隊長も失ってしまいます。

公務から帰還中だった主人公とパートナーは突然の襲撃を受け、その場で即席のブラボーチームを編成!

力を合わせ、オペレーターの指示に沿ってモルデオからの脱出を目指せ!

銃撃戦と聞くと男性向けなイメージが大きいかもしれませんが、トレーラーを見てわかるように女性のストイックなプレイ姿は印象的!

最初はワーキャーと可愛く騒いでくれるかもしれませんが、次第に目つき鋭く冷静に敵の位置を補足するスナイパーのようになっていくかも!?

PSVRを通してみる現場はリアリティにあふれていていますが、PlayStation 4 Proでプレイすると一部の映像表現が強化されますよ!

※Bravo Teamのゲームレビュー・詳細や攻略所法はこちら)
【Bravo Team(PSVR)レビュー】本格シューティングFPSの全貌を徹底解説!

販売元 (株)ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ジャンル シューティング
発売日 2018年4月26日
価格 DL版:5292円(税込)
パッケージ版:4,900円+税
限定版:8,900円+税

 

スマホ(iphone/android)用VRシューティング(FPS)ゲーム3選

さっそくですが、スマホ(iphone/android)で遊べるVRシューティングのおすすめアプリを3つ厳選して紹介します!

圧巻の異世界感 – Rez Infinite VR

Rez Infinite1

Rez Infiteはシューティングとはいっても、ガンシューティングとは違う斬新な感覚のシューティングです。

元々はプレイステーション2で発売された「Rez」というゲームをVR化したもの。

Rez発売当時、ワイヤーフレームで描かれたスタイリッシュな世界観とトランス的な音楽、プレイヤーの操作と共鳴するサウンドエフェクトによって没頭できるゲームとして話題になりました。

The Game Awards 2016での「ベストVRゲーム賞」受賞をはじめ、世界各国の40以上のゲームアワードで受賞またはノミネートされている傑作ゲームです。

Rez Infinite VRは前作の魅力を引き継ぎつつ、グラフィックが超絶に美しく、没入感が高いのが特徴。

日本語に対応しており、日本人にとって遊びやすいのもポイントです。

Rez Infiteの魅力を伝えるには遊んでもらうことが一番!無料の体験版もありますので、動作確認も兼ねてぜひ遊んでみてください!

ダウンロードはこちらから【Andorid用

(iphone版は2018年8月現在未発売)

手軽に爽快気分!Zombie Shooter VR

zombie_shooter_vr

VR シューティングといえばゾンビ!と言えるほどVRシューティングにゾンビは欠かせない存在となっています。その中でも一際にクオリティが高いのがZombie Shooter VRです。

Zombie Shooter VRはそのタイトルが表すとおり、崩壊したトンネルの中にいるゾンビを銃で倒しつつ進んでいくVR シューティング。

ゾンビの数が多く、暗い場所も少ないためホラーゲームというよりはアクションゲーム寄りの雰囲気となっています。

ゾンビvr

とはいえ、物陰や後ろから不意打ちされると思わず飛び上がりたくなるくらい驚くため、VRゲームの醍醐味を手軽に楽しむには最も適したアプリです。

バグも少なく、グラフィックもスマホ用にしては、そこまで悪くないのに加え、価格は無料となっており、手に取りやすいのが最大の利点です。

スマホ用VRゴーグルを購入したらまずは、Zombie Shooter VRを体感してみるのはいかがでしょうか?

ダウンロードはこちらから【Andoroid用】/ 【iphone用

リメイクの大成功事例 – 迫撃のギャラクシアン

迫撃のギャラクシアンは1970年代、ナムコが初めて世に出したシューティングゲーム「ギャラクシアン」をもとにしたゲームです。

↑繊細なグラフィックがVR特有の浮遊感を演出

ゲームのルールとしては敵のエイリアンからの攻撃を避けながらビームをつかって反撃するという、いたってシンプルなゲームが、そのシンプルさゲームルールの理解しやすさ、遊び馴れやすさに繋がっています。

(シンプルながら奥が深いのも本作の特徴)

シューティングゲーム vr

また1970年代のゲームのため、遊んだことのある人には懐かしく、遊んだことのない人にとっては斬新に感じられる事間違いなし!

特に遊んだことのある人には、2DのゲームをVRによく落とし込んであることに感動を覚えるはずです。

さらに、ナムコが作っているので当然日本語に対応しているのもプレイヤーにとっても嬉しいポイント。

懐かしいゲームが楽しみたい方や、VRゲームの初心者〜中級者におすすめの作品です。

ダウンロードはこちらから。

施設型の体験VRシューティングゲーム

東京や大阪などの都市圏では、VRが体験できる施設がありますので、最後に施設型で体験できるVRゲームをご紹介します!

(なお、この項の情報は2018年8月現在の情報となるため、必要に応じて確認してください。)

最高峰VRアトラクション – 東京ジョイポリス

お台場にある東京ジョイポリスでもVRを遊ぶことができます。(お台場のおすすめVR体験施設まとめはこちら

こちらの東京ジョイポリスで体感できるVRコンテンツは「ZERO LATENCY VR」と呼ばれる、ゾンビに支配された街をゾンビを倒しつつ、街からの脱出を目指すVRアトラクションです。

お台場vr

こちらのZERO LATENCY VRも自分の足で歩いて回れるVRシューティングゲームとなっており、さらに最大6人の協力プレイができます。

銃火器を切り替えることもでき、連射の効く2種類のアサルトライフルや狙撃銃、ショットガンに切り替えることができ、特に、ショットガンや狙撃銃では銃に付いているポンプを引いて次弾を装填する必要があるため、臨場感抜群です!

同時に遊ぶプレイヤー数が多いため、他のプレイヤーとぶつかることがやや多いのが気になりますが、ヘッドセットから聞こえる声を便りに援護射撃をおこなうことができるのは、ZERO LATENCY VRならでは!

東京付近に住まわれている方は是非とも遊びにいって見てください。

またVRが体験できる施設系だと日本最高の設備を誇る「VR ZONE」や「VR PARK TOKYO」も非常におすすめですので、ぜひこちらもチェックして観てくださいね!

ムズすぎる?!- SEGA VR AREA AKIHABARA

SEGA VR AREA AKIHABARAではVRFPS「Mortal Blitz VR for Walking Attraction」を遊ぶ事ができます。

このゲームの特徴はバックパック型PCを背負って現実の世界を歩きながら、VRの世界で戦うことができる点です。

moral_blitz_vr_psvr_4

バックパック型PCを背負う必要があること、体にいくつかのセンサーを付ける必要があるものの、一度VRの世界に入ってしまえばそのようなことも気にならなくなります。

これは自宅であそべるVRとは異なり、大きな部屋を自分の足で動き回れることが大きいでしょう。

(公式による紹介動画。圧倒的なの映像美に圧倒されるプレイヤーたち)

非常に人気のゲームですので、予約が必要で、さらに待ち時間が発生することが殆どですが、SEGA VR AREA AKIHABARAで体感できるVRは、他のVR体験とは一線を画する体験ばかりですので、ぜひ遊んでみてください!

まとめ

ここまでスマートフォンから施設であそべるVR シューティングゲームを紹介しました。

他にもVR音楽ゲームやVRホラーゲームなど、非常に作り込まれた傑作ゲーム、アプリがたくさんリリースされいます!

厳選!絶対ハマるVR音楽ゲームまとめ

怖すぎるVRホラーゲーム・動画まとめ

これらも本当に心からおすすめできるアプリ・ゲームばかりですので、ぜひチェックして観てくださいね!^^


XR-Hub 編集部