スマホVR徹底解説!おすすめゴーグル・人気アプリ/映画の感想まとめ


ハードの進化によって高品質なVRゲームが誕生し、ますます目が話せなくなっているVR業界。

「とはいえ、3万円以上もするVRゴーグルは高くて手が出しづらい…」そんな方々も多いのではないでしょうか。

そんな方々にまずお勧めしたいのがスマホによるVR体験です。

この記事では

  • お勧めスマホ用VRゴーグル(iphone/Android別)
  • スマホVR用コントローラー
  • おすすめ人気スマホVRアプリ/ゲーム
  • おすすめ人気スマホVR映画・動画
  • スマホVRの評判/感想
  • スマホデバイス別の画質の画質や解像度

などを網羅的に解説!スマホVRに関する全ての疑問を解消いたします。

それでは早速いってみましょう!

おすすめスマホVR ゴーグル【iphone/Android別】

まずは、おすすめのスマホVRゴーグルをご紹介いたします。

「スマホ」と行ってもiphoneかAndroidかによって選び方やおすすめ製品が変わってきますので、それぞれおすすめの商品を厳選して一品だけご紹介いたします。

iphone用VRゴーグル

人気/コスパ共にNo.1!Canbor VRヘッドセットゴーグル

Amazonだけでなく、VRゴーグルのレビューサイトでもトップに入ることが多いCanborのVRゴーグル。コントローラーも付いており、比較的安価で高い没入感を体験することが出来ます。

Amazonでの価格も手頃で、レビューでも

  • 「ピント調整で見え方が今までのゴーグルとまるで変わった」
  • 「肌に当たるクッションが気持ちよく、長時間使ってもストレスがない」
  • 「操作性が良いので初めて使う人におすすめ」など高評価を得ています。

といったレビューが投稿されており、今までのVRゴーグルでは味わえなかった臨場感を実現しています。

また、HDアンチブルーレイレンズでクリアな映像を映し出すことができるだけでなく、目も保護することができ、iphoneユーザーであればまず間違いないVRゴーグルの1つです。(こちらはAndroidでも使えます)

メガネをしながらでも使えるので、眼鏡愛用者にもおすすめです!

 

iphoneで使えるVRゴーグルについてもっと調べたい方はこちら→iPhone用 VRゴーグル5選!機種の選び方や評判レビューを解説!

Android用VRゴーグル – Galaxyなら最高水準Gear VRが間違いなし

gear1

Gear VRはスマートフォンGalaxyシリーズをはめ込む事で高品質なVR体験が可能になるヘッドマウントディスプレイ(以下HMD)です。

スマートフォンの対応機種はGalaxyシリーズのみとなっており以下の端末で互換性があります。

  • Galaxy Note9,S9, S9+,
  • Note8, S8, S8+,
  • S7, S7 edge,
  • Note5, S6 edge+,
  • S6, S6 edge

gun club3

値段は1万2,000円とやや高めの値段ですが、Galaxyシリーズを手がけるサムスン社とVR業界の雄Oculus VRが共同開発しただけあり、スペック/解像度/操作性については最高水準とも言えるスマホVRです。

Galaxyユーザーで、少しお金に余裕がある方であれば、真っ先にお勧めさせて頂きたいVRゴーグルと言えます。

 

Galaxy用、最強のスマホVR「Gear VR」について知りたい方はこちら→【Gear VR完全解説】使い方や価格、人気アプリ・コンテンツのレビューまで!

格安の自作スマホVR – ハコスコ

ハコスコ1

ハコスコとは「箱スコープ」の略で、株式会社ハコスコが提供するダンボール製VRゴーグルのことを指します。

ハコスコの魅力は、何と言っても1000円程度で迫力のある360度映像やスマホVRアプリ・ゲームが楽しめること。

なお、ハコスコはiPhoneでもAndroid端末でも利用することができますが、対応機種については事前にご確認ください。

ハコスコについては知りたい方はこちら→)【自作VRゴーグル】ハコスコの選び方や使い方・対応アプリを解説

組み立ては非常に簡単。雑誌の付録的にカチャっと組むだけです。

また、収納もかさばらず、一度組み立てた後に簡単に畳むことが出来、デザイン性も優れているのも特徴です。

※ハコスコの組み立て方・使い方はこちらの記事で解説しています。

また、その他にも

  • VR Shinecon」(コントローラー付き国産スマホVRゴーグル) / 2,980円
  • Virtoba X5・X6」(入手困難、人気スマホゴーグル) / 2,189円

といったVRゴーグルがありますので、チェックしてみてください!

スマホVR用 コントローラー

さて、ここではスマホVR用で使えるコントローラーについて紹介していきます。

VR体験を楽しむ上でバーチャル世界との干渉手段となるコントローラーは大変重要な要素です。ぜひ自分にあったコントローラーを見つけてください!

VR用 Bluetooth コントローラー JC-VRR01

エレコムから販売されているスマートフォン向けVR用のコントローラーです。

JC-VRR01WH_01

握りやすく、操作も直感的な作りになっています。

仕様上はiPhone(iOS)Android双方に対応しており、本体の切り替えスイッチを切り替えることで各OSに適した動作を可能にしています。

iOSにおける動作、Androidにおける動作が異なりますので、下記スペック表にまとめました。

用途

Androidの場合(スマホ操作/ゲームコントローラー ※対応ゲームのみ)

iOSの場合(簡易なスマホ操作のみ)

価格

¥2,108 (2018年7月19日現在)
外形寸法

約幅34.8 x 奥行120.0 x 高さ54.3mm

重量

約53g(電池含まず)

バッテリー

単4電池2本

購入はこちらから可能です。

PowerLead Pgad V001

PowerLead Pgad V001

アマゾンでの評価も非常に高いPowerLeadのBluetooth VR対応コントローラーです。

エレコムのものと比較すると、本体重量が軽い、価格が安いという点が異なりますが、仕様上の性能は劣らずの性能を持つため、人気の高い商品です。

VR空間でのお絵かきアプリや動画の再生、巻き戻しなどシンプルな動作を行う上では全く問題なく、初心者にはぴったりのコントローラーと言えます。

まずは「カジュアルにスマホでVRを楽しみたい」という方にはオススメのコントローラーです。

価格 ¥1,100(2018年7月19日現在)
寸法 11.5×3.5×5(cm)
重量 37g

購入はこちらより可能です。

VRコントローラーについてもっと知りたい方はこちら→)VR用コントローラー(リモコン)徹底比較-おすすめ機種6選!

スマホ VRアプリ/ゲーム【iphone/Android対応】

さて、ここからはスマホで遊べるVRゲーム、アプリを厳選して紹介していきたいと思います!

スマホとは思えないほどの高品質なVR体験が出来る傑作タイトルを厳選しておりますので、ぜひお見逃しなく!

もはや芸術の域!音楽シューティングの傑作 – Rez Infinite VR

Rez Infinite1

Rez Infiteはシューティングに分類されるゲームですが、ガンシューティングとは違う斬新な感覚が体験できる作品。

「無数の光粒子の中をスピーディに飛び回りながら、敵キャラを撃ち落とす」というのが基本設計ですが、360度展開された世界観には思わず息を呑むような体験が待っています。

独特な攻撃のサウンドとトランスミュージックが重なることで生み出される独特の体験や、チームラ●のような光の体験は思わずプレイヤーを高揚させる事間違いなし!

The Game Awards 2016での「ベストVRゲーム賞」受賞をはじめ、世界各国の40以上のゲームアワードで受賞またはノミネートされている傑作ゲームので、ぜひ遊んで頂きたいタイトルです。

日本語にもしっかり対応しているため、日本人にとって遊びやすいのも嬉しい点。

無料の体験版もありますので、動作確認も兼ねてぜひ遊んでみてください!

ダウンロードはこちらから【Andorid用】(iphone版は2018年8月現在未発売)

スマホで遊べるVRシューティングゲームをもっと知りたい方はこちら→)【プロ厳選!】VRシューティング(FPS)ゲーム/アプリ8選!

Rez infinite VRの詳細や攻略・レビュー情報をチェックしたい方はこちら→)【Rez infinite(PSVR・スマホ)レビュー】大人気シューティングVRを、攻略のコツまで徹底解説!

恐怖の廃病院からの脱出!「無影灯」

「無影灯」で主人公は、殺人事件が起きて廃病院となった「山下医院」へ友人と肝試しにやってきます。

先に行ってしまった人はなかなか戻ってきません。意を決した主人公は自分も病院の中へ入ることにしたのですが…。

筆者も一度だけプレイして見ましたが、マジでめちゃくちゃ怖いです。

二次元ディプレイで見るホラーとは違い、360°広がるVRのゲーム画面では「本当に病院に居る感」が凄まじく、今にも殺されるのでは…という恐怖から逃げることが出来ません。

さらに音による演出が秀逸で、突然の物音が…怖すぎる…。(イヤホンを装着してのプレイがおすすめです)

ゲームは病院内のいろいろな場所をタップし、ファイルやアイテム、勾玉を入手しながら謎を解いていく脱出ゲームの要素も備えた同作。

謎解きも適切な難易度になっているので、脱出ゲームを楽しみたい人もホラー体験を味わいたい人も、どちらも満足できるように仕上がっています。

さらに続編となる「無影灯:真相編」もリリースされているため、こちらも合わせてお楽しみ下さい!

  • iphoneのダウンロードはこちらから。
  • Androidのダウンロードはこちらから。

スマホで楽しめるVRホラーゲームがもっと知りたい方はこちらもどうぞ!→)【プロ厳選!】恐怖のVRホラーゲーム5選!

無料なのにハイクオリティな釣りゲー! – フィッシングストライク

この作品は、プレイヤーが釣り人となり様々な国を旅行しながら、500種類以上の多様な魚を釣り上げる楽しさを味える人気VR釣りゲームの1つ。

500種類を超える魚を収集するという釣りの楽しさだけに止まらず、装備の強化といったレベル上げ要素や、上記のGifのような魚やサメとの「え、これは格闘ゲームですか?」と突っ込みたくなるほどのバトルエフェクトなど…。

プレイヤーが興奮する要素を盛りだくさんに詰め込まれた新感覚の釣りゲームとなっています。

そして何より、これだけ作り込まれて無料というのがすごい。

↑エフェクトの細かい作り込みが感じられる動画。サメとの戦いはもはや格ゲーの勢いです。ぜひ見てみてください!

釣りを趣味にしている方や釣りに興味のある方、美しいグラフィックをVRで楽しみたい方や魚を見たい方はフィッシングストライクがおすすめですよ!

スマホで遊べるVR釣りゲームが気になる方はこちら→)【スマホ/PCVR対応】VR釣りゲーム・アプリ6選!

Androidで楽しめるおすすめアプリ総集編→【2019最新】Androidで遊べるおすすめVRアプリ11選|編集部が厳選!

スマホVRで見れる映画 / 映像

ここからはスマホVRで楽しめる映像や動画、映画情報を、これまで数年に渡り膨大なVRコンテンツを精査してきたXR-Hub編集部が厳選して紹介していきます!

恐竜映画の金字塔 – ジュラシックワールド

あの永遠の名作がVRに!ジュラシックシリーズからVRコンテンツをご紹介します。

最新作である【炎の王国】につながる話となっていて、ジュラシック・パークからの話も引き継いでいる本作。主人公が恐竜との絆を垣間見せるという今までと異なった演出も多く見られます。

初代ジュラシック・パークの兄弟を彷彿とさせる別の兄弟も登場し、序盤は二人の大活躍が見どころ!

ジュラシック・ワールド3D

今どきらしいスマートフォンを始めとした未来の科学技術も目を引き、「それでも抗えない存在=恐竜」という位置づけから来る映像美は息が止まるほどです。

「監督がサディスティックである」との評判もあり、人が捕食されるシーンは恐怖だけではなく絶望感が凄まじい…

インドミナス・レックスは勿論ですが、初代ジュラシック・パークに登場したティラノサウルス(同一個体)やCMでもその勇姿を誇ったモササウルスなど、画面から飛び出すような大迫力の恐竜たちは何度でも見返したくなりますよ!

公式ページはこちら!

スターウォーズの世界にダイブ! X-WINGに乗れる – StarWars DogFight

StarWars DogFight VR 360」はYoutubeの動画コンテンツで、Xウイングのコクピット視点で渓谷の上空で行われるタイファイターとのドッグファイトをVR体験です!

スターウォーズファンなら「X-WINGに乗る」というのは悲願だと思いますが、まさにそんな体験を味わえる最高のエンターテイメント担っています。

コクピットに入る無線の音やサウンドノイズが臨場感をめちゃくちゃ盛り上げてくれますよ!

スターウォーズ関連のVRコンテンツが気になる方はこちら→)スターウォーズの世界に没入出来るVRゲーム/動画5選!

これぞGoogleの本気!VRで楽しむ大迫力の怪獣映画「HELP」

同じくグーグルが制作した「HELP」こちらはアニメーションではなく実写で楽しめるVR映画です。

グーグルが多額の資金と最新のVFX技術を集結して制作した本作では、大都市で暴れ狂う巨大な怪獣の姿を描いています。

ある日、突然都市部の中心に隕石が落下しますが、そこに現れたのは小さな怪獣の子ども。

しかし怪獣は瞬く間に巨大化し、成獣へと遂げた怪獣は町中を大パニックに陥れます。

VR映画ならではの視聴が可能で、右を向けばそこには逃げ惑う市民の姿が、そして左を向くとこちらに向かって襲い掛かってくる巨大な怪獣の姿。

物語のラストでは、数十メートルに巨大化した怪獣がこちらめがけて思い切り吠え掛かってくるのですが、怪獣の巨大さや鋭い牙は、映画館の大画面スクリーンで観ているかのような大迫力です。

HELP

VRゴーグルを被るだけで、このような大迫力映像が手軽に楽しめるのもVR映画の醍醐味!激しい映像が多いので、VR酔いには若干注意が必要かもしれません。

「HELP」は2017年にエミー賞を受賞しており、約5分間の短編でありながらVR映画の凄さが伝わる大作です。

スマホで見れる映像コンテンツについてもう少し知りたい方はこちら↓

YouTubeでVR!無料で見れるおすすめ360度動画15選

【1人で見てはいけない】恐怖の360度VRホラー動画/映画7選!

スマホでPC画面を表示出来るVRブラウザサービス

VRブラウザ(WebVR)とは上記のGifのイメージ通り「WebブラウザをVRで利用すること」を指します。そんな便利な機能を持ったスマホVR向けアプリをご紹介します。

VR空間でブラウザも使える! Fulldive VR - Virtual Reality

「Fulldive VR - Virtual Reality」は動画や画像だけではなく、ブラウザー機能も備えたVR総合アプリ

異空間にワープしたようなVR空間で、様々なVRコンテンツを楽しむことができます。

メニューからVRコンテンツの再生までこのアプリのVR空間内で完結しているため、没入感が高いのも特徴の一つ。

別荘のような空間内でホログラムのように浮かび上がるメニューを眺めていると、SFの世界が実現したかのような感覚に襲われます。

※参考記事 ) 90%の人が間違えてる!「ホログラム」・「ホログラフィ」ってどんな技術?

動画コンテンツが充実しているところも嬉しいポイントで、しかも無料!日本語にも対応しているため、VR初心者でもなじみやすいはずです。

Fulldive VR - Virtual Realityで一足先に近未来を体験してみませんか?

対応OS:Andoroidios

360度の3D動画再生アプリ

映画館体験を楽しみたいなら「Cmoar VR Cinema」

Androidスマホで映画館気分を味わうなら有料アプリですが「Cmoar VR Cinema」が圧倒的にオススメです!

スクリーン周りに映画館の雰囲気を再現した動画再生プレイヤーで、スマホアプリとは思えないクオリティを兼ね備えています。

映画の画面が明るくなると、劇場の照明も明るくなったりと演出が細かく設計されており、普通の映画館以上の斬新な体験をすることができます。

アプリ開始直後からVR対応表示なので、VRゴーグルからスマホを取り外したりする必要がありません。

値段は600円前後と、かなりリーズナブルな価格ですので、ちょっとリッチな体験をしたいという方には心からオススメさせて頂きます!

ダウンロードはこちらから

スマホのVR・360度動画を再生出来るアプリの紹介はこちら→)【スマホでVR動画を楽しむ!】おすすめ再生アプリ8選

スマホVRの評判/感想/評価

それでは最後にスマホでVR体験をされた先輩方の評判や感想を見てましょう!

初めてVRを体験しましたが、感動しました…。ジェットコースター等は酔うので興味はないのですが、良質なVRコンテンツが揃ったら一気に飛躍すると思います。VRでなくても、ゴロ寝で目の前にスクリーンがあるような状態だけでもリラックスでき、今のところ私的には満足です。

(↑Gear VRの体験者 ※Amazonレビューより)

やはりGearVRの体験の質はスマホと言えども極めて高く、初めてのVR体験に感動するユーザーは多いようです。

IPhoneXにて使用しました。
Bluetoothリモコンも付いてます。リモコンをスマートフォンと接続し一時停止、再生、早送り、巻き戻し、音量調整など簡単に操作できます。

120°の広い視野角は、やはり映画館の巨大スクリーンで見るかのような大迫力でした。

シンプルなデザインもとても良い。肌と接する部分には通気性のよい素材を使用してることから、快適な使用ができます。

(↑Canbor VRの体験者 ※Amazonレビューより)

こちらはCanbor VRの体験者の声。シンプルなデザインかつ、目の前に広がるスクリーンに圧倒されるとのこと。普段のスマホの画面に比べたら圧倒的な没入感を味わえるようですね。

今のところ大人の楽しみ方しか出来ないという難点がありつつも、それでもイケる!との声も。スマホVRでの面白いコンテンツが今後も増え続けていけば、こういった短所も解決されそうですね!

スマホVRの画質・視野角について

VR体験を左右する視野角と画質と酔い問題について

視野角

VRヘッドセットの体験品質は、レンズ越しに平面のディスプレイを眺める構造上、単純な画素数だけでは判断することはできません。

VRの仕組みは、両眼の視差を利用してそこに立体物があるように「脳をだます」ことによるものです。

VRヘッドセットを利用する際に問題になる「VR酔い」のほとんどは、まだ技術が追いついていないことが原因である部分が大きいのです。

VR酔いは、VR映像から脳が認識した動きと、実際の体や感覚のズレが生じたときに起こります。

VR空間上で映像を追った際に「本来こう見えるはず」というイメージと、ディスプレイ上に見える映像の品質のギャップが平衡感覚を狂わせてVR酔いを起こすのです。

VRの体験を深く理解するためには次の3つの要素への理解が不可欠です

  • ディスプレイの解像度
  • 視野角
  • リフレッシュレート

これらの解説はこちらの記事で詳しく言及しています)→VRゴーグル毎の視野角や解像度、画質などを徹底比較!

スマホVRの画質について

それでは最後にiphoneとGalaxyシリーズの解像度と視野角を表にしてまとめてみました。

iPhoneXs iPhone XS Max Galaxy S9 Galaxy S9+
解像度 2,436 x 1,125 2,688 x 1,242 1,440×2,960 2,960×1,440
ディスプレイ 有機EL 有機EL 有機EL 有機EL
ディスプレイサイズ 5.8 inch 6.5inch 5.8 inch 6.2inch
視野角 大体105度から120度 GearVRを使用すると101度

VRヘッドセットはあくまで解像度と、レンズ性能と、描画処理能力のトータルバランスが要求されます。

基本的にスマホデバイスによる性能の差分はそこまで大きくないため、どれを買っても基本的な体験内容は同じと言えそうですが、「VR体験で重要なのは画質や解像度だけじゃない」ということだけ是非覚えておいていただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?VRの世界、やっぱりワクワクしますよね!

VR未経験者にとってハードルが低いスマホVRは、今後も様々なゲームや映像コンテンツが増えていくはずです。

1万円前後で手が届くものですので、ぜひこの機会にVRへの世界への扉を開いていただけたら嬉しいです!

この記事ではスマホVRに関係する疑問を今後も解決できるよう定期的にアップデートしてまいります。


この記事はいかがでしたか?よければシェアをお願いします。

XR-Hub 編集部