VIVE トラッカーの使い方・セットアップ方法は?対応おすすめソフト3選も


HTC VIVEユーザーの皆さんはHTC VIVE向け外部センサー、VIVEトラッカーをご存知でしょうか?

2017年に開発者向けの提供が始まって以降、ゲームやVRチャットツール等で、様々な用途で使われています。

本記事では、VIVEトラッカーの使い方や仕組み、初回起動の準備、全身を認識させる方法や体への装着方法等を記載しています。また、VIVEトラッカーを利用可能なゲームタイトルもあわせて紹介していきます。

VIVEユーザーでトラッカーの購入を考えている方、また購入したものの使い方やソフトに迷っている方は是非読んで見てください!

【1分でおさらい】VIVE トラッカー価格や仕組み・在庫状況など

vive トラッカー

VIVEトラッカーとは、HTC VIVE向けに用意されているモーションキャプチャ用の外部センサーのことです。

このトラッカーを現実世界の物(手や足・腰などの身体や、別の付属品など)につけることにより、VRとその物をモーションセンサーに認識させることができる商品です。

端的に言えば、コントローラーとヘッドセット以外にもVR空間で利用できるものが増やせるツールというのが正確だと思います。

例えば、エアガンに装着すればそのエアガンもVRで使えるようになる野球のバットにViveトラッカーを装着することでVR側に現地世界のバットを持ち込むことができたりするなど、ゲーム開発者のアイディア次第で、様々な応用が効く商品となっています。

vive トラッカー2

※上の画像は、エアガンの先端上部に装着されているのがVIVEトラッカーになります。

販売価格は、Amazonにて12,250円で販売されており、平均的なゲームタイトル1.5本という高めの価格となっています。

在庫に関してですが、2017年後半以降売り切れていない為、在庫切れの心配は不要でしょう。

欲しい人には入手しやすい環境が整っているのは間違いありません。

Vive トラッカーの効果とVR体験上のメリット

vive tracker

そんなVIVEトラッカーですが、物にセンサーを付けてVR空間に認識させる以外にも用途があります。それはVIVEトラッカーを体につけて、全身をVR空間に認識させるといった使い方です。このように全身認識させることをフルトラッキングといいます。

本来、HTC VIVEではヘッドセットを装着している「頭」とコントローラーを持っている「両手」しかVR空間上では認識しません。

しかし、前身にViveトラッカーをつけることで、腰や足といった通常認識させることのできない部位まで認識させることができます。
※フルトラッキングに対応しているゲーム・ソフトのみになります

この機能によって、足をVR空間上で上げたり、全身を使ったダンスをしたり、寝っ転がるといったことまでできるようになります。

こういった前身のトラッキングはVR空間への一層の没入感・臨場感につながります。

VIVE トラッカーの使い方・セットアップの手順

そんな魅力的なViveトラッカーですが、さすがに1つ増やすだけでは全身を認識させることはできません。

腰に1つ、片足に1つずつ固定するため合計3つ必要です。

vive トラッカー3

当然、センサーが装着部位から外れないように固定する作業が必要になります。下記、セットアップ手順になります。

①センサーを体に固定する

  • 足センサーの装着方法:
    • 屋内用のサンダル、もしくはスリッパに対し固定する
  • 腰センサーの装着方法:
    • ベルトに対して固定するのが理想 / 紐や針金を腰に巻き付けて、それを介して固定するのも良い

②キャリブレーションする

体に装着したあとは、コントローラーを認識させたときと同じく、キャリブレーションするだけで準備OKです。

早速ゲーム内でフルトラッキングを体感してみましょう!

VIVE トラッカー対応ゲーム・アプリおすすめ3選

Viveトラッカーの魅力を体験するには、Viveトラッカー対応のゲームも必要になります。ここからは対応ゲームを3本紹介します!

【入門編】99円でフルトラッキング体験~『Tornuffalo』

Tornuffalo

Tornuffaloは竜巻のせいで飛んでくる水牛(バッファロー)や車といった障害物を避けたり、打ち返すゲームです。

そのタイトルは「Tornado(トルネード)」と「Buffalo(バッファロー)」から取っており、看板に偽りなしの内容を体感することができます。販売価格は驚きの99円となっています。

Tornuffalo

元々はViveトラッカー未対応のゲームでしたが、2017年4月のアップデートにより対応し、フルトラッキングで遊べる様になりました。

フルトラッキング対応により、頭へ飛んでくるものを避けるだけだったのが、足や腰の付近へ飛んでくるものも避けれるようになったことが特徴です。

ゲーム内容としてはシンプルですが、フルトラッキング化による魅力を体験するには十分な内容となっています。

価格が99円という激安タイトルのため、Viveトラッカーの購入ができたらまず遊んで見るのは如何でしょうか。

SteamでTornuffaloのレビュー確認・購入する場合はこちら

手軽に本格FPS!:『The Path of Greatest Resistance』

The Path of Greatest Resistanceはレーザー銃で大型の敵を倒して進む、アクションRPGです。Steamで398円という驚きの安さで販売されています。

最大の特徴はフルトラッキングを生かして足をその場でランニングのように動かすと、キャラクターが進む点です。

このおかげでVR空間を実際に動きまわる気分を味わえます。勿論敵の攻撃も全身を使って避けることができます。

The Path of Greatest Resistance

ゲームのプレイ時間は短いものの、全身を使って遊ぶため体力を大量に消耗するためちょうどいいかもしれません。

こちらのタイトルもフルトラッキングの魅力を体験するには十分な面白さを持っているゲームと言えるでしょう!

SteamでThe Path of Greatest Resistanceのレビュー確認・購入する場合はこちら

VR版SNS?仮想空間チャットツール:『VRChat』

VRChat

最後に紹介するタイトルはVRChatです。

VRChatとは、そのタイトル通りVR空間でのコミュニケーションを主目的としたゲームで、無料でSteamからダウンロードすることができます。

VRChatの最大の特徴は、コミュニケーションを取る空間やアバターをユーザーが作成・提供することができるという点です。

このおかげでVRChatで使えるアバターを、自分の手で作る、もしくは好きなキャラクタで遊ぶことができます。

※VRChatの詳細やレビューはこちら
話題のVRChatとは?サービスの魅力や使い方を解説!

そのおかげで、VRChatの没入感は無料のゲームでありながら他のVRゲームを寄せ付けないほどとなっています。

そんなVRChatの没入感を更に高めてくれるのがViveトラッカーによるフルトラッキングです。

vrchat

フルトラッキング状態であれば、全身を使ったダンスやコミュニケーション・はたまた横になって寝落ちした状態までVRChat内で再現できてしまいます。

2019年現在、VRChatにおいて日本人ユーザーも増えており、初心者が参入しやすい環境も整っています。Viveトラッカーを購入、フルトラッキングを生かしてもう一つ現実であるVRChatを体感してみるのは如何でしょうか?

SteamでVRChatのレビュー確認・購入する場合はこちら

まとめ

ここまでViveトラッカーについて紹介しました。

対応しているタイトルが少ない点、フルトラッキングのためにトラッカーを複数購入する必要がある点、そしてトラッカー自体が高い点といった欠点もあるものの、対応ソフトでフルトラッキングを体感すれば貴重な体験ができるのは間違いありません。

在庫も潤沢に用意された今、VR空間の次世代体験とも呼べるフルトラッキングをViveトラッカーで体験してみては如何でしょうか?


vive トラッカー

この記事はいかがでしたか?よければシェアをお願いします。

Kohei Imaizumi

今泉滉平:株式会社x garden執行役員 CCO / XR-Hub 事業責任者