YouTubeでVR!無料で見れるおすすめ360度動画15選


スマホで手軽に視聴できるVR動画が、現在数多く公開されています。

特にYouTubeでは、非常に多くの作品が公開されていてVR映像の選択肢が非常に豊富ですし、特別なVRアプリも不要でVRゴーグルさえあれば無料で比較的質の高いVR体験が可能です。

そこで今回は、YouTubeで公開されているVR映像の中から、VRの没入感を最大限楽しめるおすすめ作品を15選ピックアップしてご紹介します。

基本的にはスマホやPCからでも視聴できるのですが、市販のVRゴーグルにスマートフォンを差し込んで視聴すれば、より迫力ある映像体験ができますよ。

スマホで見れる!おすすめVR動画15選

絵本のファンタジー世界をVRで体験できる「博士と万有引力のりんご」


絵本の世界をVRで体験できる「博士と万有引力のりんご」は、YouTubeで視聴できるVR動画の中でもかなり高品質な作品です。

万有引力を発見したニュートンが、木からリンゴの実が落ちる様子を見て閃いたというエピソードがモチーフになっており、ファンタジー感があふれた可愛らしい世界観が特徴です。

鎌倉市在住のクリエイターであるKA0RU氏が制作した本作は「VR絵本」というコンセプトで、「様々な方向を見渡しながら絵本の世界を楽しむ」という、これまでにない斬新な方法で楽しめる作品です。

物語の主人公は「博士」。博士はある日美しいりんごを見つけますが、りんごを手に入れるために様々な方法を試みるも、中々うまくいきません。

そんな時、博士にはある一つの考えが閃きます。その考えとは…

「博士と万有引力のりんご」は2017年1月に公開された作品ですが、現在までに釜山国際映画祭への出品や中国のVR映画館でも配信されるなど、海外でも高く評価されています。

是非、おすすめしたいVR映像の一つです。

公式サイト:https://www.ka0ru.com/apple360

父と娘の心温まるふれあいを描いたVRアニメーション「Pearl」

「Pearl」は、グーグルが2016年に制作したVRアニメーションです。

ミュージシャンの父親とその娘が、車で全米各地を旅行しながら様々な土地で音楽を演奏していきます。少女だった娘がやがて大人へと成長していく過程を描きます。

BGMはアレクシス・ハートの「No Wrong Way Home」という曲で、ゆったりとしたフォークソングに合わせて、娘と父親とのふれ合いや、少女が成長していく過程で出会う様々な友人たちとの人間関係を、360度映像で楽しめます。

ちなみに、「Pearl」は2017年にアカデミー短編映画賞にノミネートされており、アカデミー賞の候補となった初のVR作品としても知られています。

約5分程度のショートムービーですが、ちょっとした息抜きや休憩の時などに観てみると、手軽に気分転換ができるおすすめの作品です。

VRで楽しめる大迫力の怪獣映画「HELP」

同じくグーグルが制作した「HELP」、こちらはアニメーションではなく実写で楽しめるVR映画です。

グーグルが多額の資金と最新のVFX技術を集結して制作した本作では、大都市で暴れ狂う巨大な怪獣の姿を描いています。

ある日、突然都市部の中心に隕石が落下しますが、そこに現れたのは小さな怪獣の子ども。しかし怪獣は瞬く間に巨大化し、成獣へと遂げた怪獣は町中を大パニックに陥れます。

VR映画ならではの視聴が可能で、右を向けばそこには逃げ惑う市民の姿が、そして左を向くとこちらに向かって襲い掛かってくる巨大な怪獣の姿。息をもつかせぬスリリングな展開で物語が展開していきます。

HELP

物語のラストでは、数十メートルに巨大化した怪獣がこちらめがけて思い切り吠え掛かってくるのですが、怪獣の巨大さや鋭い牙は、映画館の大画面スクリーンで観ているかのような大迫力です。

VRゴーグルを被るだけで、このような大迫力映像が手軽に楽しめるのもVR映画の醍醐味ですね。

激しい映像が多いので、VR酔いには若干注意が必要かもしれません。

「HELP」は2017年にエミー賞を受賞しており、約5分間の短編でありながらVR映画の凄さが伝わる大作です。

ダリのシュールレアリスムの世界をVRで体験できる「Dreams of Dali」

シュールレアリスムの代表的画家、サルバドール・ダリ。

彼の世界観をVRで体験できる「Dreams of Dali」もオススメのVR動画です。

これはダリがミレーの作品を独自に解釈して描いた「ミレーの【晩鐘】の古代学的回想」という作品をVRで再現したもので、フロリダ州にあるサルバドール・ダリ美術館で行われた展覧会で展示されたものです。

「シュールレアリスム?」「なんか難しそう…」と感じるかもしれませんが、まるで夢の中に迷い込んだような不可思議で幻想的、ちょっと不気味な世界は、没入感のあるVRで鑑賞するにはうってつけの作品です。

VRの面白味の一つに「現実ではありえない体験ができる」ことが挙げられますが、その点においてもこの「Dreams of Dali」は、VRの特質を十分に活かした作品となっています。

本作をより没入感の高い環境で楽しみたい方には、Oculus Rift、HTC Viveに対応したPC VR版がSteamで公開されていますので、無料でダウンロードしてご視聴頂ければと思います。

また、YouTubeで公開されているバージョンも360度動画ですので、スマホ用VRゴーグルで楽しむことができます。

「Dreams of Dali」のSteam

実物大の草薙素子が最高にリアル!「攻殻機動隊 Virtual Reality Diver」

最後にご紹介するのは、あの士郎正宗によるサイバーパンク作品「攻殻機動隊」をVRで体験できる「攻殻機動隊 Virutal Reality Diver」です。

スマホVRで楽しめるアニメ作品は本記事でもいくつかご紹介しましたが、本作はその中でも断トツのクオリティ、没入感で楽しめる作品です。

舞台となるのは、電脳化や義体化が普及した2029年の日本。日本政府に届いた一通の爆破テロ予告に対処するため、公安9課に所属する草薙素子、バトーが事態の鎮圧に乗り出します。

冒頭から登場する実物大スケールの草薙素子、ロボット型の戦闘兵器との激しい戦闘シーンをはじめ、登場する場面のどれもが美しいグラフィックで描かれています。

何度観ても鳥肌が立つほどの臨場感があり、スマホVRで楽しめる作品の中では最高クラスです。

「攻殻機動隊 Virtual Reality Diver」はスマートフォン用のアプリをダウンロードしてフルバージョンを視聴できます。

ですが、YouTubeで公開されているティザー動画もVRで視聴可能で、無料でも本作の醍醐味を360度の没入環境で味わえます。

アプリはiOS、Android両方に対応しており、コンテンツダウンロードは有料(480円、税込)となります。

iOS版はこちら

Android版はこちら

圧巻のオーロラVR映像「8K 360 Aurora over Tanana River, Alaska」

皆さんは「死ぬ前に一度は見てみたい物」と言ったら何でしょうか。

人それぞれ何が見たいか変わりますが、候補の一つに“オーロラ”が入ってくる方もいるのではないでしょうか?

そんな時もVRにお任せ下さい。VRの良い所は何でも疑似体験できる事ですので、何時間もかけてオーロラを見に行かなくても、自宅で簡単に見られます。

動画のぼんやりゆらゆら揺らめく緑色のオーロラのVR映像はとても綺麗です。

また、自然系のVRを見る時は、何よりも画質が重要です。画質を上げると読み込み時間がかかりますが、没入感は高まりますので綺麗なオーロラを見たいのであれば、画質を上げてちょっとだけ待って見ましょう。

VRゴーグルの中の世界は、雪国の夜空に変化するでしょう。

ホラーをVR体験「IT: FLOAT – A Cinematic VR Experience」

VRと親和性の高いコンテンツと言えばホラーです。こちらは映画の告知も兼ねて公開されたVR動画で、360度の3DVRとなっています。

ただでさえも怖いVRホラーが3Dになったらどうなるか。見てのお楽しみです。

VRであれば映画の主人公になったような体験が出来ます。リアルな音と映像で極上の恐怖を味わせてくれるVRコンテンツになっています。

3Dショートアニメ「ASTEROIDS! “フルリリース”」

VR映像の中でも、有名なウサギとエイリアンの掛け合いを描いた「INVASION!」の続編がこちら。

360度3DVRのショートアニメーションです。舞台は地球から宇宙空間となり、今回はウサギではなく「INVASION!」で登場したエイリアンが主人公です。

VRだと自身がアニメーションの中に入れるだけでなく、好きな場所を見渡せる面白さもあります。こういったVRアニメーションが今後どんどん登場してくれると嬉しいですね。

衝撃のVR映像を体験「GTA V – 360° VR Video [GTA Spherical]」

ただのゲームプレイ動画ではなく、鉄骨を渡る映像、空を飛ぶ映像、ビルから飛び降りる映像とインパクトの強いVR映像を楽しめます。

筆者が見た感想としては、空を飛んでいるシーンで本当に飛んでいるかのような“浮遊感”を体感することが出来ました。また、鉄骨渡りとビルからのダイビングは脳裏に焼き付いています。

かなりリアリスティックで、1080sの画質でも本物かと思ってしまうほど綺麗です。最新のVRゲームの凄さを体験出来るでしょう。

VR180で高い没入感「Venice Beach VR 180 3D Experience」

VR180は新しく登場したVRの規格のようなもので、YouTubeで今後主流になっていくと予想されています。

その魅力は、何と言ってもスマホへの負荷が少ない中でVR映像を楽しめる事です。スマホで360度のVR映像を2160sの高画質して視聴すると、ものの数分でスマホがホッカイロ状態になります。

ちょっと前置きが長くなりましたが、そんな臨場感あふれる最新のVR180の動画をいち早く体験したいならこの動画。

動画は観光地として人気のアメリカカリフォルニア州のベニスビーチのものです。スケートパークを始め、ベニスビーチ周辺の180度VR動画を見られます。

360度動画と見比べるとその違いは一目瞭然で、本当に人の目で見たままの風景を切り取ったように見えるはずです。映像の動きが激しいので、VR酔いには若干注意が必要そうですね。

この動画の他、投稿者の「Getty Images TV」は、品質の高いVR180動画をアップロードしていますので、旅行に行った気分で見てみてはいかがでしょうか?

ホームビデオを主人公視点で!「VR180 Cameras with Daydream」

こちらも180度のVR映像です。ホームビデオがVR180になったらどうなるのかを体験できます。

思い出を残したい時に、普通のビデオカメラでは『その場にいる感覚』というものはありませんが、VR180で撮影すれば、当時の「その時間」「その場所」「その雰囲気」の中に飛び込めます。

要するに、擬似的な“タイムスリップ”が出来るわけです。

普通のビデオカメラで撮影したホームビデオを見れば昔の記憶を思い返せますが、VR180で撮影すれば記憶を思い返せるだけではありません。

VR映像の中に没入し、当時のままに戻り、もう一度思い出を体験する事ができます。

VR映像に演出の美学!「[360°VR] JAPAN – Where tradition meets the future」

YouTubeのVR動画はどれも似たり寄ったり、もっと面白いVR動画無いの?と言う方にオススメなのがこちらの動画。

自然の風景を撮影したようなVRとは違い、『おお!』と言ってしまうような面白い撮影や演出がてんこ盛りです。

動画は日本の紹介動画ですが、人力車のシーンではまるで自分が乗っているような感覚を得られ、クレーンゲームのシーンでは、上を向いていると自分が「ガチッ」っと、掴まれるような錯覚を覚えます。

日本の文化や風景を際立たせ、独自の演出でエンターテインメント性を高めるVR映像になっています。

ありきたりなVR動画とは一線を画しますので、まだ見たことが無い方は要チェックです。

「360 video teaser, Great Wall of China. Jiankou and Jiaoshan, 8K VR aerial video

2018年に投稿されたVR動画の中でも、特にオススメの360度動画が、こちらの「万里の長城」を空撮したものです。

VRで見る万里の長城は写真とは“スケール”が違います。

写真の場合、撮影時の画角は標準レンズで大体46°、広角レンズで84°、アクションカメラでも180°が限界です。しかし、360°VRなら上下左右、前後全てを映し出せます。

そして、顔の動きに合わせて映像が変わることで段違いの『没入感』が得られ、万里の長城の広大さ・壮大さを余すところなく見る事が出来ます。

遥か彼方、遠くの方から永遠と続く万里の長城をVRで見れば、中国4,000年の歴史の重みが伝わってくること請け負いです。

VRゴーグルとYouTubeアプリがあるだけで世界旅行ができるなんて、夢のようですね。

万里の長城を360度のパノラマで上空から一望でき、その壮大さを体験できるとても良いVR動画ですので、ぜひ一度ご視聴下さい。

また、こういった「観光系VRコンテンツ」は数多くありますが、VR旅行映像系のコンテンツはこちらの記事でもご紹介していますので、良ければご覧ください。

まとめ

いかがでしたしょうか。

VRゴーグルやヘッドマウントディスプレイといったVR系の商品を持っている方も非常に増えてきていますし、多くの方が手軽にVR映像に触れているかと思います・

YouTubeを始め特別なVRアプリを必要とせず、かつスマートフォンで手軽に視聴できるVR動画の中には、高い没入感や臨場感を体験できる作品が数多く登場しています。

VRアニメーションやVR映画では、まるで作中の世界の中に実際に入り込んだかのように、より体験として鑑賞できる点が特徴です。

Oculus RiftやHTC Viveなどのハイエンド機種でなくても、スマホVRで再生しても没入感を存分に楽しんでいただけます。

※他のVR映像を楽しめるサービスとしては、以下が挙げられます。

VRの初心者の方や、VRをまだ体験したことのない方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

↓スマホでYoutubeをVRで楽しむ方法はこちら!

YouTubeで360度VR動画を見る手順を解説!


help

この記事はいかがでしたか?よければシェアをお願いします。

Kohei Imaizumi

今泉滉平:株式会社x garden執行役員 CCO / XR-Hub 事業責任者