【VRでレムと異世界生活 徹底レビュー】リゼロの世界にダイブしよう!


「VRでレムと異世界生活」は、原作のラノベ小説を筆頭に様々なメディアミックスでおなじみの「Re:ゼロから始める異世界生活」のヒロイン、レムに添い寝や膝枕をしてもらえるVRアプリです。

VR空間で架空のキャラ相手に添い寝してもらって楽しいのか?

それがメチャメチャ幸せな時間が過ごせるんです!当記事では

  • 「VRでレムと異世界生活」でできること
  • 「VRでレムと異世界生活」の楽しみ方
  • 「VRでレムと異世界生活」の魅力
  • 「VRでレムと異世界生活」の評判・レビュー

などにについてご紹介します。

『リゼロ』ファンはもちろんのこと、VRに癒やしを求める人にはぜひプレイしていただきたい「VRでレムと異世界生活」の魅力にぜひ触れてみてください!

「VRでレムと異世界生活」とは?

「VRでレムと異世界生活」は、小説投稿サイト『小説家になろう』から生まれた人気ラノベ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」のヒロイン、レムと二人っきりでムフフ〜♫な体験を楽しめるVRアプリです。

「VRでレムと異世界生活」は正確には

  • 「VRでレムと異世界生活~添い寝編」
  • 「VRでレムと異世界生活~膝枕編」

の2種類のアプリがあり、それぞれできることが異なります。

分かりやすいように今回はそれぞれ別々に解説していきましょう。まずは添い寝編からです!

スマホVRで手軽にレムとムフフ♫【VRでレムと異世界生活~添い寝編】の特徴

「VRでレムと異世界生活~添い寝編」では、レムがプイレイヤーのそばで添い寝をしてくれる『添い寝モード』のほか、異なる4つのシチュエーションでレムをジックリと鑑賞できる『鑑賞モード』が存在します。

メインとなる『添い寝モード』では、まず最初に自分が目を開ける時の演出が入るのですが、 もうこの時点からのリアリティが半端ない。 

なにしろ何しろ、現実世界なら吐息がかかるほどの距離でレムが寝そべっているんです。

実際に目の前にレムが存在しているかのようで、思わずドキドキしてしまいます。凄まじいほどのリアル感です。

プレイヤーが目を開けると、レムは優しく視線をこちらに向け、「フフッ」と微笑んでくれます。This is  Real 天国。

始めは目の前でレムが寝そべっているというその状況にドキドキしていまいますが、慣れるうちになんとも言えない心地感、落ち着きが感じられます。

レムの優しい視線と微笑み、それ以外にこの空間に存在するものと言えば鈴虫が鳴く音色くらいのものですが、まさに別世界にいるかのような、心落ち着く空間を味わえます。

『鑑賞モード』でレムを眺められるシチュエーションは以下の4つです。

  • おやすみ
  • ベッドメイク
  • おしゃべり
  • 甘える

男の妄想を駆り立てる秀逸なモデリング!

「おやすみ」ではベッドに寝転がっているレムを好きな角度から自由に愛でることが可能です。

色々な角度からレムを鑑賞できるなんてそれこそ夢のようで、ファンならずともドキドキしてしまうでしょう。

「ベッドメイク」でレムは四つん這いになってベッドメイクをしています。

たったそれだけなのに、その体勢が良からぬ妄想を駆り立ててしまう…。それもこれもレムのモデリングが見事なせい(?)です。(ベッドメイクとは意味深なモードです…)

3つ目の鑑賞シチュエーション「おしゃべり」では、ベッドの上でレムとのおしゃべりを楽しめます。

正面からレムを見つめている時はもちろんですが、そのまま頭を移動させてもずっとレムはこちらに目線を向けてくれるんです。

これはもう…、ほんとタマリマセン。

「甘える」がどういうシチュエーションかというと、レムがベッドにうつ伏せになっているんです。

ただそれだけではあるんですが、この状況でのレムのちょっと照れたような恥ずかしげな表情が、なんとも言えず甘酸っぱい気持ちがこみ上げてきます。

このように、色々なシチュエーションでレムを眺めることができるのは『レゼロ』ファンにとってはまさに垂涎ものでしょう。

【VRでレムと異世界生活~添い寝編アプリ基本情報】

<Android>
  • 販売元:cs-reporters, Inc.
  • 最新更新日:2019年4月12日
  • ジャンル:シミュレーション
  • 価格:¥960
  • Android要件:4.4以上
  • 年齢:12歳以上(性的ほのめかし)

<ダウンロードはこちら>

<ios>
  • 販売元:cs-reporters, Inc.
  • カテゴリ:ゲーム
  • 価格:¥960
  • サイズ:55.1MB
  • 互換性:iOS 9.0以降が必要

<ダウンロードはこちら>

スマホVRで手軽にレムとムフフ♫【VRでレムと異世界生活 ~膝枕編】の特徴

「VRでレムと異世界生活~膝枕編」ではレムに優しくひざ枕してもらえます。

添い寝とひざ枕、この全ての男子にとって夢のようなシチュエーションが両方とも用意されているなんて、メーカーもよく分かっていますね。

レムに膝枕してもらいながら目を向けると、レムが優しく「今日はもう少しこのまま、レムが独り占めしていいですか?」とささやきかけます。

また目を閉じて開けると、レムが「フフ」と微笑んでくれるので、いつまででもこの体勢でいられます。

レムがニックネームで呼んでくれる!

そして「添い寝編」とも共通ですが、この「VRでレムと異世界生活」ではレムがプレイヤーの名前の頭文字をもとにしたニックネームで呼びかけてくれるんです。

『まさし』なら『まーくん』、『たかし』なら『たっくん』といった具合に。

このシステムのおかげで没入感はさらに高まり、レムとの「二人っきり感」が際立つのです!

「膝枕編」でも「添い寝編」と同じように、異なるシチュエーションでレムを眺められる鑑賞モードが実装されています。

  • あーん
  • 夜空
  • お勉強
  • 嬉し涙

「あーん」モードの幸福感がすごい…

「あーん」はその名の通り、レムがプレイヤーにリンゴを「あーん」してくれます。

もちろんリンゴを口にくわえることはできませんが、自分からリンゴに向かって顔を動かすことで、本当にレムに「あーん」してもらえる体験を味わえます。ちょっと、いや…かなり幸せです。

「夜空」のシチュエーションでは、レムと肩を並べて美しい夜空を眺めます。夜空よりも隣に立つレムをずっと眺めていたい…。

「お勉強」ではレムがプレイヤーに勉強を教えるというシチュエーションですが、もちろんレムの後ろに立つことも可能。

後ろから抱き締めたくなるほど愛しいレムの仕草は必見です。

最後の「嬉し涙」は『リゼロ』でのあの名シーンが再現されます。VRでの臨場感は抜群!

ぜひ実際に体験してみてくださいね!

「添い寝編」、「膝枕編」ともにレムの魅力を存分に満喫できますが、それぞれのシチュエーションが大きく異なるため、ファンなら迷わず両方ゲットすべきでしょう。

【VRでレムと異世界生活~膝枕編アプリ基本情報】

<Android>

  • 販売元:cs-reporters, Inc.
  • 最新更新日:2019年4月12日
  • ジャンル:シミュレーション
  • 価格:¥960
  • Android要件:4.4以上
  • 年齢:12歳以上(性的ほのめかし)

<ダウンロードはこちら>

<ios>

  • 販売元:cs-reporters, Inc.
  • カテゴリ:ゲーム
  • 価格:¥960
  • サイズ:55MB
  • 互換性:iOS 9.0以降が必要

<ダウンロードはこちら>

遊ぶ前にスマホ用VRゴーグルを用意しよう!

本作を遊ぶ場合、ゲームの設計上、スマホ専用のVRゴーグルの購入が必須になります。

もし持ってない方がいたら、ぜひこの機会に購入を検討してみてください。

スマホVRゴーグルの比較記事はこちら→)スマホVR徹底解説!おすすめゴーグル・人気アプリ/映画の感想まとめ

高性能VRの美麗グラフィック楽しむ!PSVR、PC版の特徴

「VRでレムと異世界生活」は「添い寝編」と「膝枕編」がセットになった形で、PSVR版、さらにOculus RiftHTC ViveでプレイできるSteam版がリリースされています。

ハイスペック・VRならではのより緻密なグラフィックでレムとの二人っきりの時間を堪能できることはもちろん、PS VR版、PC版のみの特典も追加されています。

まだハイスペックVRを持ってない方はこちら→【厳選!】PC VR初心者のためのゴーグル5選!選び方から丁寧に解説!

【主な追加内容】

  • ユーザーの誕生日、バレンタインデー、クリスマス・イヴなど特定の日に発生する特別イベント
  • トラッキング対応により、より自然にレムに近づける
  • 座って快適にプレイすることを考慮した配置への調整
  • ハイスペック・VRならではの高精細、広視野角な映像で得られるより高い没入感

Oculus Rift版のプレイ動画、解像度が格段に高い

価格はスマホ版アプリを両方購入するのとほとんど変わらないため、PS VRやOculus Rift、HTC Viveユーザーはこちらでリムと二人っきりの時間を堪能することをおすすめします!

【PSVR版・VRでレムと異世界生活基本情報】

  • 対応機種:Play Station VR
  • 配信形態:PlayStation Store
  • 販売価格:2,160円(税込)
  • 発売日:2018年5月25日
  • 操作方法:DUALSHOCK 4
  • 公式HP

【Steam版・VRでレムと異世界生活基本情報】

  • 対応機種:Oculus RiftHTC ViveOculus Quest
  • 配信形態:DLsite.com / Steam
  • 販売価格:2,160円(税込)
  • 発売日:2017年10月19日
  • ソフト内容:VRでレムと異世界生活~添い寝編、膝枕編同梱

<ダウンロードはこちらから>

<システム要件(最低)>

  • 64 ビットプロセッサならびにオペレーティングシステム
  • OS: Windows10 64bit
  • プロセッサー: Intel Core i5-4590
  • メモリー: 4 GB RAM
  • グラフィック: Geforce GTX1060
  • DirectX: Version 11
  • ストレージ: 1 GB 利用可能

本作の魅力と遊んで欲しい3つの理由

『リゼロ』ファンなら絶対にプレイすべき「VRでレムと異世界生活」ですが、此処から先は本作の魅力をさらに掘り下げて探っていき、遊んで欲しい理由を3つ上げさせていただきます。

遊んでほしい理由その①:VRが可能にした圧倒的なリアリティと没入感!

VRを装着して「VRでレムと異世界生活」をプレイすると、その圧倒的な没入感に驚かされます。

何しろ、本当に目と鼻の先にレムが存在しているんですから。

実際にベッドに寝転がってプレイすると、本来感じられないはずのレムの吐息さえ聞こえてきそうなほどのリアリティ。

これは実際にプレイしてみないとその凄さは伝わりません。

『リゼロ』ファンならこの機会にスマホ用VRゴーグルを購入して、レムとの超至近距離の空間を体験してみてください。

そして『リゼロ』ファンでなくても、PS VRやOculus Riftユーザーでこの設定に惹きつけられるなら、ソフトを購入して絶対に損はしません。

VRだからこそ体験できるレムとの濃密で親密な時間をぜひ!

遊んでほしい理由その②:異世界という設定とVRとの相性の良さ

「Re:ゼロから始まる異世界生活」は、引きこもりの主人公スバルが突然異世界に召喚され、唯一手に入れた『死に戻り』の能力で運命に逆らう物語です。

この異世界に召喚されるという設定と、仮想現実空間に没入するというVRの特性が絶妙にシンクロして、プレイヤーは自らがスバルの代わりにレムと向か合うかのような体験が得られます

しかも、自分の名前をニックネームにして呼んでくれるというシステムのおかげで、本当に自分が異世界に飛び込んだかのような感覚に。

もちろん、本作には物語に関係するストーリーや、バトルシーンは一切ありません。

VR空間の中で思う存分レムとの二人っきりの時間を堪能してください。

遊んでほしい理由その③:レムの添い寝&膝枕でストレスも吹き飛ぶ?!

レムがしてくれる添い寝&膝枕は本当に気持ちよくて、そのまま寝入ってしまいそうになります。

プレイし始めこそ、目の前にレムがいるという状況にドキドキしてしまいますが、慣れるにつれてそのレムとの距離感が心地よく、次第に安心感に変わっていきます。

ただ、レムが目の前にいるだけなのになぜこんなにも気持ちが落ち着くのか…。

日常生活のストレスも溶けてなくなるかのようなレムとの二人の時間。

毎日の忙しさを、ぜひレムに癒やしてもらってください。

本作の感想・レビュー

では、最後に実際に「VRでレムと異世界生活」をプレイした人の感想・レビューを見てみましょう。

「VRでレムと異世界生活」をプレイすると、本当に気持ちよく眠れますよ。ただし、VRゴーグルの外し忘れだけにはご注意を。

抱きまくらと一緒に「VRでレムと異世界生活」をプレイすると、現実世界に戻れなくなりそうになっちゃいます。

本当に最高すぎます!

このようにPS VR、Steam版はもちろん、スマホ版も有料アプリであるにも関わらず、高評価を集める「VRでレムと異世界生活」。
お値段以上の価値があると断言できます。

まとめ

手軽なスマホVRだけではなく、PS VRやOculus Rift、HTC Viveでも楽しめる「VRでレムと異世界生活」。

レムが自分のわずか数cm先にいるかのような臨場感は、やはりVRでなくては体験できません。

『リゼロ』ファンはもちろん、ストレスを抱えて癒やしが必要な現代人すべてにプレイしてもらい本作品。

ぜひレムと二人っきりの時間という『異世界』を満喫してくださいね。

合わせて読みたい関連記事)


この記事はいかがでしたか?
もし「参考になった」「面白かった」という場合は、応援シェアお願いします!

株式会社x gardenが運営するXR-Hubの記事編集部です。

読者の皆様に役に立つ情報を発信いたします。