もう体験した?Minecraft VRの遊び方とレビュー・感想まとめ


世界中で1億人以上のプレイヤーがいる大人気のサンドボックスゲーム「Minecraft」ですが、のVR版が展開され、早くも数年が経過しています。

現在まで、多くの人がバーチャルで再現されたマイクラの世界にダイブし、その臨場感に圧倒されているようです。

自らがデザインした箱庭の中に実際に入り込んで遊ぶという、多くの人が子供の頃に想像したであろう夢を叶えてくれるVRゲーム「Minecraft VR」の概要や魅力について詳しく紹介し、現在までのネット上での評価も紹介します。

Minecraft VRの概要・魅力

2009年にスウェーデンの会社Mojang(モーヤン)からPCゲームとして発売されたMinecraftは、2018年現在、世界中に1億人以上のユーザーがいると言われる大人気サンドボックスゲームに成長しています。

無限に生成されるマップ上に様々な素材を収集して自由に建造物を構築したり、素材を組み合わせて作る道具を駆使してのサバイバル生活が楽しめたりと、自由度が高いプレーが魅力のMinecraft。

2016年にそのVR版がリリースされ、バーチャル世界でより臨場感のあるマイクラライフが可能になりました。

このVR版は「Windows10版」「Minecraft PE版」に搭載されている従来の機能をすべて網羅しており、通常版とのマルチプレイも可能。

Minecraft VRの対応プラットフォームについて

2018年現在、「Windows10版」「GearVR版のみでの展開となっています。

現状「PS4版」「Xbox One版」「switch版」「iPhone版」「GearVR版に対応するGalaxyスマホ以外のモバイル版」等でのVR版対応はしていません。

ただ、多岐にわたるプラットフォームでのマルチプレイが魅力のマイクラですし、近い将来の各プラットフォームでのアップデートも期待できそうですね。

 

View this post on Instagram

 

Cameronさん(@cpalmtv)がシェアした投稿

Minecraft VRの対応ゴーグル・コントローラーは?

2018年10月現在の対応VRゴーグルは

の2機種です。各社から発売中の「Windows MR」各種、「Vive」「Oculus Go」「PSVR」には現在未対応となっています。

マイクラに必須のコントローラーに関しては、

が対応しています。

VRエディション別の価格一覧

各VRエディションの価格は現在下記の通りです。

  • GearVR版:690円
  • Oculus Rift版:3150円
    ※Windows10版のMinecraftから無料でアップデート可能
  • Windows MR対応版:Windows10版Minecraftに無料で付属

VRゴーグルさえあれば、従来のマイクラユーザーであれば相当手軽にVR世界で遊べる環境が整っています。

体験レビュー!Minecraft VR版ならではの魅力とは

では、筆者の体験をもとにMinecraft VRの魅力をレビューしていきます。

圧倒的な世界観に驚愕~ゲームの世界への没入感

 

View this post on Instagram

 

All Things Minecraft 🔐さん(@minecraftsafe)がシェアした投稿

VRゲームの魅力は何と言ってもリアルなバーチャル空間に自分が存在している感覚を味わえる没入感ですが、このMinecraftというゲームはそもそもリアルなグラフィック描写ではなく、世界の全てが1m四方のブロックで構成された非現実的空間が舞台となっています。

しかし、それでもVR技術とMinecraftとの親和性は非常に高いものとなっています。その理由としては、Minecraftがどこまでも広がる広大なフィールドで自由に動き回り、生活し、更には世界をデザインするのが醍醐味のゲームだからです。

ブロックのリアリティや広大な世界観が見事に再現されています。

夢想した世界に実際に入り込むドキドキ感を味わえる

 

View this post on Instagram

 

Minecraft PE/PCさん(@minecraftpe.news)がシェアした投稿

360度、周りの全てがマイクラ世界のブロックで構成された光景は、確かにその世界に自分が存在しているという錯覚を与えてくれます。

そしてその世界を冒険しデザインしていくという感覚はこれまで味わった事のない体験となります。

例えば、幼い頃にブロックや積み木を使い自分で作り上げたお城の中に入ってみたいと夢想した人は多いかと思います。その夢を叶えてくれるのがこのMinecraft VRだと言えます。

自分の作った建物を見上げて感じる壮大さ、深く地下へと降っていく時の緊張感、ダンジョンを探索する時の閉塞感などなど、どれもリアルなドキドキを感じることが出来るでしょう。

Minecraft VRの遊び方

 

View this post on Instagram

 

Minecraft PE/PCさん(@minecraftpe.news)がシェアした投稿

続いて、このMinecraft VRの世界に飛び込む方法、飛び込んだ後するべき事など解説していきます。

まず、各種VRヘッドセットとそれぞれに必要な物を準備していきましょう。

GearVRでMinecraft VRを遊ぶ場合


GearVRで体験する場合、下記が必要です。

  • GearVRヘッドセット
  • Android対応のBluetooth機能を持つコントローラー(Galaxyスマホへ無線接続するための)
    ※Xbox Oneゲームパッドがベスト

また、、Oculus Storeから新たにGearVR版(2018年10月時点690円)をダウンロードする必要があります。

Oculus RiftでMinecraft VRを遊ぶ場合


Oculus Riftで遊ぶ場合の必要物は以下です。

  • Oculus Rift
  • PCコントローラーもしくはキーボード(プレイの快適さを求めるのであればPCコントローラ―があった方が良いでしょう)
    ※Oculus Touchにも対応しています

ダウンロードはWindowsストアでの購入が必要ですが、すでにWindows10版をダウンロード済みであれば無償でVR版へのアップデートが可能です。

Windows MRでMinecraft VRを遊ぶ


こちらは、Oculus Rift版とほぼ同じですが、Windows10版のMinecraftがあれば無料で付属してきます。コントローラーはMR専用ハンドコントローラーが快適なようです。

ちなみに、新たに購入する場合、Minecraft java版を購入すれば、Windows10版は無料でダウンロード可能(Oculus Rift版でも同様)な為java版での購入をお勧めします。

Minecraft VR版は山小屋の中からスタート

準備が整ったら、いよいよゲーム開始です。

Minecraft VR版では、従来のMinecraftと違いMinecraft世界のブロックで構成された山小屋の中でゲームスタートします。

プレーヤーの体もアバターへと変化し小屋の中に設置された大型テレビでMinecraftを遊んでいるという二重構造でスタートします。

タッチ一つで画面の中へ視点が入り込み、没入型の一人称視点へ移行する事が可能です。これはVR酔い対策の機能で、いつでもこの山小屋視点との行き来が出来るようになっています。

その後は思う存分マイクラ世界を体感

そこからは従来のMinecraftのプレイと変わりません。

最初の夜が来る前に松明と安全な場所を大急ぎで確保しなければならないのも従来通り、拠点を確保したら、夜を乗り切りながら巨大建造物を建設するもよし、広大な世界を探索するもよしと、何もかもプレーヤーの自由です。

VRならではの臨場感で、マイクラ世界を思う存分に堪能しましょう。

酔い対策必須?Minecraft VRの評判・体験レビューまとめ

最後に、SNSなどでMinecraft VRの評判やレビューを見ていきましょう。


臨場感に驚く人が多いです。確かに、実際にVRゴーグルをつけてプレーしてみると、広大な世界を肌で感じられ本当に驚きます。

是非一度体験してみて欲しいです。


こちらの方も臨場感に驚かれている様子。

ただ、やはり酔いの問題は発生するようですね、ひたすら黙々と長時間作業をしたい系ゲームのマイクラだけにこの問題は結構重大かも。

VR酔いの対策はこちらの記事を参考にしていただければと思います。


総じて、「世界感はめっちゃ凄いけど非常に酔いやすい」という意見で一致しているようです。


非公式MODでVive版が遊べるようです。この「Vivecraft」実は方々でかなり評価が高いです。MOD導入リスクを負える方は試してみるのもアリかもしれません。

まとめ

今回はMinecraft VRをご紹介しました。

Minecraftで無限に広がる壮大な世界に実際に入っていくという感覚は、子供の頃に思い描いていた夢そのものです。世界中のプレイヤーが創造した大作ワールドがネット上で多く配布されています。

今後どんなワールドが生み出されるのか楽しみですが、そこを実際にVR体験として歩き回れるかと思うと興奮が抑えきれません。ぜひ一度この興奮を体験してみてください。

※関連記事:


zig