【眠れぬ魂 評価レビュー】あらすじや見所、評判を徹底解説!※ネタバレ注意


暑い夏、寒い冬、そよぐ春に枯れゆく秋の夜長には、いつでもホラーとVR!

というわけで本日ご紹介させていただくのは、なんと1,000円ポッキリお手軽販売のPSVRゲームソフト「眠れる魂」です。

あまりのお手頃感にびっくりするかもしれませんが、油断はNG!

本作はライトに手軽に、しかしちゃ~んとホラーな体験ができる良作なのです!

この記事では分岐も含めたネタバレ有りで、本作のおすすめポイントを解説しちゃいます!

ホラーゲーム「眠れぬ魂」とは?ストーリーとあらすじ

本作「眠れぬ魂」は、VR元年が開けて間もなくの2017年4月17日に正式リリースされたホラーゲームです。

対応プラットフォームはPSVRで、リリース前から一部の画像と 「インタラクティブホラー」という謎のジャンル情報だけが出回って、どんなゲームなのかわからないという意味でも話題 となりました。

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/iDy89pyB_-M” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

ついにリリースとなって開いた蓋は、なんと実写の短編映画!

その上マルチエンディング方式やシナリオコンプリート率システムなどを採用した「きっちりゲームしているVR映画」だったのです。

早ければ10分前後でクリアできるため「映画」と表現していいかどうかは正直よくわかりませんが、「細かいことは気にしない!」の精神で解説したいと思います!

本記事はネタバレを多く含むため、その点だけご留意ください。

【シナリオ概要】

公式のシナリオ文だけではよくわからないのですが、シナリオの概要を読まずに本作のプレイをすると更に話がわからなくなります。

まず、主人公はコヤマという男性。大事なひとり娘が行方不明となっていています。

すでに開幕からふんだりけったりですね。

最初の妻と離婚後、男手ひとつで娘を育てていましたが、元妻のことを引きずっている自分を優しく励まし続けてくれた今の奥さんに惹かれて再婚しました。

でも結局不仲になっているようです。

そんなこんなで、心を病みつつあるコヤマは怪奇現象に見舞われ始めます。

【ゲームジャンル:インタラクティブシネマとは?】

本作はゲームジャンルをインタラクティブシネマと銘打っていますが、これは世界ではじめて提唱されたジャンルです。

公式によれば「映画の再発明」をコンセプトとして、360度全方位からの視覚情報と、ユーザー任意の視線移動による行動決定=インタラクティブ性を活かしたゲームジャンルを指すのだとか。

単純にVR対応をしているのではなく、視点によるイベント発生(イベントトリガー)と、分岐が行われる際に分岐ごとの映像に切り替わることなどを盛り込んでいる。という定義があります。

 要するに、自分で物語の結末を選べる、あるいは分岐シナリオのいずれかを選択して鑑賞する映像作品というわけです。 

一つのシナリオを一方的に提供されるだけではない「体験する映像作品」にすることで、インタラクティブ性(対話、双方向)を実現しているのですね!

どこで分岐するかを知らなければ、見るたびに違うシナリオを味わうことができる画期的な映像作品と言えるでしょう。

眠れぬ魂を遊んで欲しい2つの理由 

それではここから、眠れぬ魂を遊んで欲しい2つの理由を解説していきたいと思います!

理由1:リアルを突き詰めたら実写になった

本作は前述の通り、ほぼ実写の映像作品となっています。

霊的な存在を映像合成するための「非現実」こそあるものの、登場人物は当然として居室や森、車や音声などすべてが実写。

美人な奥さんも、迫りくる白い手も、暗い森の中も、木の葉も本物なので、ドラマを見ているかのようです。

しかし視点は主人公に固定されているわけではなく、主人公視点になったり、第三者視点になったりと一定せず、「自分が誰であるかを制限しない仕組み」が取らています。

美麗なグラフィックは非常に長い制作時間と多くの予算を必要としますので、360度カメラで撮影した映像をVR機器に対応させて映像加工をするほうがコスパも良いということで、予算を抑えての制作が可能だったと制作サイドも語っていました。

https://twitter.com/Maroyaka0301/status/853905750208282624

自宅の居室で心霊現象を体験する主人公視点の場面では、「これは無理!」とプレイを放棄した実況者もいるほどの緊迫感を味わえます!

ゲームプレイというよりは参加型の鑑賞体験

没入感をより高めるために「ゲームらしさを徹底排除」していることも大きな特徴の一つです。

画面にはコンソール表示も、ステータスや選択肢を表示するUIもありません。

どこを見ればシナリオ分岐が起きるかもほぼわからないので、初見プレイでは短い本編の何をどうすればシナリオ達成率をあげられるのかがわからず、混乱するかもしれませんね!

ドラマや映画の中に入り込み、物語の行く末を知らぬ間に選んで進む。

まるで私達のやり直しのきかない人生を疑似体験しているようで、これだけでも「眠れる魂」を経験してみる価値はあると言えるでしょう!

皆さんの中には、映画やドラマを見て「別の結末にしたかったな」と考えたことがある方もいるでしょう。

鑑賞しているという状態をほとんど崩すことなく、 しかし確実に物語へ自分の行動が干渉していくという本作の不思議な感覚は、きっと新たな没入感を味合わせてくれます! 

今後、もしかしたら更に複雑なインタラクティブシネマのコンテンツが現れた時のことを考えると、ゲーマー的には先駆け的作品である「眠れる魂」のプレイ経験は得ておきたいところですね。

眠れぬ魂の攻略のコツ 

さてさて、お待ちかねの「攻略情報」のコーナーです!

「眠れぬ魂」は全部で4つのチャプターと、1チャプターにいくつかのタイトル付き小項目を持ちます。

 チャプター1 自宅

まずは主人公の自宅から本編がスタートします。

スッキリとして広々、センスよく配置された家具などから「いい暮らししてるな」感プンプン!

なお、初っ端から一切ホラー演出の手を抜かないムービーから始まり、主人公が異変を感知して振り向くところからプレイヤー操作が始まります。

実際の部屋の中を360度撮影している映像なので、左右や前後をある程度見てまわると、本は落ちるは姿見鏡にヒビは入るわ!

イヤーッ!でたー!と思って視線をそらしてしまえばなんとかなる、そう信じた時もありました。

そこには目の前のデスクでうごめく謎の白い手。

ちょっと人のPC触るの辞めてぇ!?

白い手の動きが気持ち悪く、ヒエッとなって思わず視線を鏡に戻してしまいました。

うーん、どう見てもやっぱり割れてる・・・・・・・。

と思ったらヌルリと現れる黒い影。

部屋が暗いことと、そもそもゲーム自体常に照明が暗いのもあって、静止画像ではわかりにくいので明るくした画像をご用意しました。

ゆっくりとO脚気味に現れたのは髪の長い小さな人影。

どうやら少女のようですね、膝丈程度のスカートと靴を履いているようです。

迫る影から逃げようと視線をそらしても、移動する機能がないので顔をそむけることしかできません。

意を決してもう一度鏡を見るものの、何も映ってないだと?それはそれでちょっとさみしい。

鏡に写った彼女はプレイヤーが立ってる位置に迫っていたはずなのですが・・・・・・。

ですよねー!いますねー!ごめんなさい!

鏡からもう一度視線を正面に戻した時、彼女と目があってチャプター1は終了です。

チャプター2 車内

かつて所有していた別荘地へ向かう主人公の運転シーンからチャプター2がスタート。

複数の回想が入ります。

現在の妻・ミカから電話が入って「今日は帰れない」「前に持ってた別荘に向かっている」などの受け答えをし、分岐イベントポイントに入ります。

(1)前を見て運転を続け、カーナビが現在の妻・ミカの名前を映せばミカとの過去の思い出ムービーへ。

(2)助手席のファイルを見つめると、主人公と警察との過去のやり取りムービーへ。

警察とのやり取り音声で、娘・ユウが行方不明になっていることがわかります。

ミカとのやり取りは主人公が一度離婚を経験していることがわかります。

警察は「あまりに情報が少ないので捜索規模を縮小する」と電話連絡してきますが、主人公の男性は当然追いすがります。

しかし警察も男性の意に添うことなく、電話会話は終了。

世の中の無情さに拍車をかけていく警察の態度、ホラー映画ではバカップルが最初の犠牲者になるのと同じくらいテンプレートですが、妙にむかつきますよね。

回想シーンが終わると再び運転ムービーに戻ります。

少し経つとカーナビに異常が。

この状態になると後部座席から女性のうめき声が聞こえ、バックミラーにあの少女が映り、振り向いても振り向かなくてもチャプター2終了です。

チャプター3~4 森

昔所有していた別荘のある森にやってきた主人公。

昏い森の奥深く、あたりを見回すとあの少女の姿が・・・・・・!苦しげなうめき声もだんだん近づいてきていて結構やばい!(筆者の心が)

やがて導かれるままにヒントアイテムを見つけると過去回想に入り、ここでイベントが発生。

自宅PCのインカメラで撮影される主人公と、その背後に少女の霊が現れたら振り向き、主人公はこう口にします。

「まさか・・・・・・ユウなのか?」

Youじゃないよユウちゃんだよ!というおふざけはおいておき、イベントムービーは完了!

森の中へ戻り、再度ユウらしき少女の指し示す方へ向かえば2つ目のヒントのSDカードを発見します。

何かを察した主人公、木の棒を持って地面を掘り出すムービーが挿入!

そう、行方不明の娘・ユウは、ここに居たのです。

この深く暗い森の中、冷たい土の中で父親が来てくれることを、見つけてもらえることを、伝えるべきを伝えるために待ち続けていたのです。

ごめんな、寂しかっただろ。父さん・・・・・・遅かったな。

悲しい父親の声の後に響くのは、近づいてくる足音と、なぜかバールのようなものを手にしている妻・ミカ!

・・・・・バレちゃっ・・・た。

微笑みながらそう呟いた妻の渾身の一撃が主人公を襲います。

真っ暗闇に白い顔と手だけが浮かび上がり、微笑むミカの怖さがやばい!

怖いのはやっぱり生きた人間なのでは!?

大丈夫、やることは前と変わらないから。・・・・・・うん、じゃあね

結束バンドで拘束される主人公と、何者かと電話で不穏な会話をする妻・ミカ。

「前」とは恐らく、土の下に横たわる娘・ユウの殺害の時のことなのだろうと想像できます。

電話相手は浮気相手か何かなのか、果たして・・・・・・?

いよいよミカがナイフを持って迫るという時、娘・ユウが主人公の腕を支えてミカを睨みつけます。

ここでEDを分ける「最後の選択」が発生!

妻・ミカを許すのか、娘・ユウとともに恨みを晴らすのか。

主人公が見つめる視点によってこの分岐が行われます。

(1)バッドエンディング:ユウ以外を見続ける。(※ユウを見ていなければすべてこちら)

(2)グッドエンディング:ユウの目が真っ黒から普通の状態に戻るまで見続ける。

バッドエンディングに進むと妻・ミカはユウの力によって自らの腹をめった刺しにして死亡。

ユウを見つめて瞳の色を戻し、「もういいんだ、もういいんだよ」と主人公がユウに語りかければグッドエンディングへ進みます。(妻は失神)

バッドエンディングへ進むと、ニュース記事にて妻・ミカの犯罪が発覚したことを知り、グッドエンディングへ進むとより詳細な補足がなされます。

主人公がどうなるのかという最後の結末は是非プレイしてみてほしいですが、妻・ミカはどのみちアカン女だったなとなることでしょう。

眠れぬ魂の登場人物一覧(ネタバレあり)

コヤマ(主人公)

「ユウ」の父親であり、ミカの夫。

遺産と保険金だけで7億ほどの資産価値を持つ裕福な男性であり、娘・ユウのことを大切に育てていた。

以前の妻と問題があって離婚し、意気消沈していた頃に慰めてくれたミカへ惹かれて結婚。

娘のユウが行方不明となり徐々に憔悴していくが、同時にミカとの仲もあまり良くない状態となっている様子。

ユウとの仲は良好で、情報不足からユウの捜索規模が縮小されると警察に言われても諦めず、絶対に見つけてやると強い決意を持つ。

ユウ

「コヤマ」の実娘。

コヤマの胸元程度の身長しかない、とても小柄な十代学生(中~高校生)。

父を大切に思う一方、父の命を狙っている継母の意図にいち早く気づき、その計画を阻止しようと動くが殺害された悲劇の少女。

全編通して現れる少女の霊はすべて彼女。

母親の通話姿を音声とともに隠し撮りし、父に渡そうと試みるなど将来有望な一面が見れる。

死してなお父親を守ろうと必死に尽くす姿は、本編の恐怖演出以上に注目ポイント!

ミカ

コヤマの2番目の妻で、ユウの継母。自身とコヤマの間の実子は居ない模様。

エンディングで発覚する鬼畜発言が印象的な美女で、遺産と保険金目当てに夫のコヤマ殺害を謀った。

過去の彼女と今の彼女が違いすぎるとの主人公の発言があり、はじめから金目的で主人公へ近づいただけなのか、浮気なのか、誰かにそそのかされたのかなどは不明。

夫・コヤマの殺害計画を知った義理の娘・ユウを殺害・遺棄した実行犯。

遺棄現場へコヤマが向かった事を車内での通話で知り、本編でも判明していない協力者と連携してコヤマを殺害するべく追い詰める。 

まとめ

インタラクティブシネマ「眠れぬ魂」がっつりレポートはいかがだったでしょうか?

最後までお読みいただいたみなさまの、攻略やシナリオ把握の一助になれれば幸いです。

 本編がたった15分の短編映像作品ですが、自身の選択でエンディングを変えられるという「視聴者参加型」の新しいコンテンツとして期待の大きな作品 でしたね!

特に実写映画やドラマのような、演出もシナリオもしっかりとした基盤のもとに作られた長編作品の誕生も期待しちゃいます。

いつの日かゲームのみならず映画業界に革命を起こし、映画館に個室が作られて、客が個別に映画を鑑賞するような日が来るのかも!

ホラーが好きな方は下記の記事もぜひご覧くださいっ★

ホラー映像・映画が好きな方はこちら→【1人で見てはいけない】恐怖の360度VRホラー動画/映画7選!

ホラーゲームが好きな方はこちら→)【プロ厳選!】PSVRで遊べるホラーゲーム8選!


この記事はいかがでしたか?よければシェアをお願いします。

XR-Hub 編集部