Henry(VRアニメ)レビュー:無料配信中、ハリウッド級3D作品の魅力に迫る!


Oculus Store無料配信されている3D・VRアニメ、「Henry」をご存知でしょうか?

とにかくキュートなHenryが見所の本作は「Oculus社」が製作した短編VRアニメで、何と無料体験することができます。

本記事では、Henryの魅力や制作スタッフ、レビュー情報まで徹底的に解説していきます!

Henryとは?豪華制作スタッフ・対応デバイス

Henry

まずは制作に関わったスタジオやスタッフ、対応ヘッドマウントディスプレイといった情報について解説します。

ピクサー出身スタッフ、監督はじめ豪華過ぎる制作スタッフ

Henryは、2016年に公開された短編VRアニメーションです。

 ディズニー映画でお馴染み「ピクサー」出身スタッフを中心に立ち上げられた映像スタジオ「Oculus Story Studio」が制作に関わり、3DアニメとVRならではの技法を活かした映像作品となっています。  

Henry(以下ヘンリー)は映画「Cars 2」の制作に携わったラミロ・ロペス氏が監督である他、ロード・オブ・ザ・リングの「フロド・バキンズ」役で知られる「イライジャ・ウッド氏」がナレーション役で登場しているなど豪華スタッフが勢揃いです。

このHenryはOclusu Riftが発売されてからちょうど1年後に配信されたことから、Oculus社にとっての記念作品的な位置を持っている作品でもあります。

そして、当時VRはゲームが主流であった中で、Oculus社が超高品質VRアニメをOculus社が製作し、無料化して広く浸透させた狙いの一つには、「VRアニメの流通も活発化させていきたい」といった狙いがあったのかも知れません。

「Henry」はOculus社、ひいてはVR業界のマイルストーン的な作品でもあるといえるかもしれません。

プレイ環境、値段:Oculus Go、Gear VR、Oculus Riftで無料配信中!

oculus go

そんなHenryですが、制作会社の名前からわかるように、この映像作品にはPC向けVRゴーグル「Oculus Rift / Oculus Rift S」でお馴染みの「Oculus」社が関わっています。

視聴可能なVRゴーグルは、「Oculus Rift」やスタンドアローン向けVRゴーグル「Oculus Go」、もしくはハイエンドスマートフォンGalaxyシリーズ向けVRゴーグル「Gear VR」のみとなっています。

*対応3デバイスについて(値段、性能など)

先ほども言及しましたが、お値段は何と無料!

デバイスを持っている方にはぜひ体験して頂きたい作品です。

10分の短編作品!Henryの簡単なストーリー

Henry

主人公のヘンリーは、木の家に住むハリネズミの男の子です。

もうすぐ誕生日ということで、自身の誕生日会を開くことにしました。誕生日会といえば、いっしょに祝ってくれる友達が不可欠!ところが、ヘンリーには友達が1人もいませんでした。

ということで、ひとり悲しく家の中を風船などで飾り付けたり、ケーキを用意して黙々と孤独な誕生日会の準備を始めるヘンリー。このまま彼は1人で誕生日会を終えることになってしまうのでしょうか!?

肝心の展開はこのあとに続きます。10分程度の短編映像作品ということで、気軽に見れる作品となっています。この先が気になる方は、是非ともご自身のVRゴーグルでこの話の結末を見てください!

筆者がおすすめする、Henryを見て欲しい2つの理由

①ヘンリーがとにかく可愛い!

Henry

まず、シンプルに主人公のヘンリーが可愛い!

まんまるな目をキョロキョロさせたり、背伸びしたり、チョロチョロ動いたたりと、悲しい話とは対象的に可愛い動作で視聴者を癒やしてくれます。

この動きは、トイストーリーやアナと雪の女王のようなハリウッドで作られた3Dアニメを想像していただくといいかもしれません。対応のVRゴーグルを持っているだけで無料でハリウッドレベルの映像作品を見れると考えれば、凄いことだと思いませんか?

可愛いヘンリーの動きはこれ自体が魅力と思えるほど可愛く、癒やされること間違いなしです!日常の疲れをHenryで癒やすのはどうでしょうか?

②VRの映像作品としてのクオリティが高い!

Henry

勿論ヘンリーの動きだけではなく、映像作品としてのクオリティが高いのは間違いありません。

2次元の映像作品とは異なる「VRならではの奥行き・没入感を使った演出」を用いて、独自性の高い映像作品に仕上がっています。

その結果Henryは、エミー賞で“オリジナルな対話的プログラム部門”最優秀賞を受賞しました。エミー賞といえば、映画のアカデミー賞に匹敵する賞であり、このことからHenryの完成度の高さは押して知るべし、と言えるでしょう。

無料で見れてクオリティも高い。対応機器を持っているユーザーが見ない理由はありませんよね!?

Henryの評判・感想・レビュー

最後になりましたが、Henryを実際に視聴したユーザーの感想を紹介します!

現状のVRアニメ作品の中でもトップクラスの完成度を誇る本作。圧倒的に美しいグラフィックには筆者も感動しました。

上記を始め、twitter等で確認できるユーザーの感想は、Henryの話の内容以上にグラフィック・画質を評価するものが多いです。

特にOculus Ritt・Oculus Go共に高い画質を保っていることに、驚いている意見が目立ちます。

というのも、Oculus GoはスタンドアローンVRゴーグルのため性能がOculus Riftに劣っており、性能差がありながらも両方のVRゴーグル間でVR体験に差がないことは、驚くべきことです。

まとめ

ここまでHenryの魅力を紹介しました。ハリウッドの映像作品に関わったことのある著名なスタッフが中心となって作ったことから、そのクオリティはまさにハリウッド級です!

そこにVRの機能を活かした演出を用いることにより、独特の作風をもたせることに成功しました。文章でこの魅力を伝えきれないのが残念ですが、視聴して貰えればきっと映像作品の新時代を感じれるほどの魅力ある作品です。もしかしたら、HenryをきっかけにハリウッドのVR業界進出がはじまってえるかもしれませえんね?

といことで、対応機器をお持ちの方は是非とも見てください!

*合わせて紹介したいVRアニメ集 →


Henry

この記事はいかがでしたか?よければシェアをお願いします。

Kohei Imaizumi

今泉滉平:株式会社x garden執行役員 CCO / XR-Hub 事業責任者