Focalsのレビュー・購入情報まとめ | もはや眼鏡と変わらないスマートグラス!


カナダのスタートアップ「North」がリリースしたARグラス「Focals」は通常のメガネと変わらないスタイリッシュなデザインとシンプルな機能の洗練されたスマートグラスです。

スマートフォンと連携させる事でシンプルな情報を表示させられる洗練されたサポートアイテムとなっています。

今回は、「Focals」の仕組みやスペック、購入方法や値下げ情報、ユーザーレビューなどを詳しく解説します!

スマートグラス・Focalsの概要・仕組み

focals

カナダのスタートアップ企業「North」が新型のARグラス「Focals」を2018年10月23日(現地時間)に発表しました。

「Focals」の主な仕組みとしては、

  1. スマホとFocalsをBluetoothを利用して連携
  2. スマートフォンから情報を取得し
  3. 右側のツルの部分に内蔵されたプロジェクターから映像として照射し
  4. レンズに投影して、反射させ網膜投影で表示

という仕組みとなっています。

あくまでもスマホと連携させてのサポートシステムとしての使用が想定されており、表示させる情報は、時間や天気予報、スケジュール管理やメール、配車アプリのUberを呼ぶ機能などであり、基本生活に必要最低限のものがシンプルにまとめられています。

操作方法は「指で遠隔操作」

loop
Loop

グラス本体には操作システムは装備されておらず、人差し指にはめる指輪型のデバイス「Loop」についたジョイスティックを使って操作します。

4方向・クリックの操作できるジョイスティックを使い、殆ど手を動かさない形で通話やメッセージ送信できるのです。

特徴はデザイン性と軽さ

Focals 

「Focals」は通常のメガネとほとんど見分けのつかないデザインとなっています。

メーカーの「North」はユーザーや周囲から見た目に違和感を抱かせない「毎日使えるスマートグラス」を謳っており、重量に関しても若干は通常のメガネよりは重いものの、日常で使っても問題のない程に軽量化がなされています。

よって数あるARグラスやスマートグラスの中でもFocalの使用感は極めて快適に作られていることは間違いあ値ません。

手軽に持ち運べて充電可能なケース

Focals

Focalsを購入すると、FocalsとLoopを充電できるケースが付いてきます。

自宅でバッテリー満タンにしておけば、外出先でも充電の消耗に困ることはありません。

Alexaとの連携で音声での操作も可能

また、操作に関しては、AmazonのAIアシスタント「Alexa」との連携せる事で、スピーカからの音声指示も可能です。

本格的に両手を使わなくてもスマートフォンを操作することが可能になりつつある点がまさにスマートグラス、といったところでしょう。

近視・遠視・乱視にも対応可能となっていますが、これらを含めた見え方の調整のため、現段階ではオンライン購入には対応しておらず、購入にはカナダ・トロントかアメリカニューヨーク・ブルックリンの専門店へ赴く必要があります

Focalsを利用するメリット

Focals2 

従来のARグラス・スマートグラスでは、グラス本体そのものに操作デバイスが搭載されているものが多いため、仕事中に操作をする事に抵抗を感じる場面がありました。

一方で「Focals」では指輪型の操作用デバイス「Loop」を使用すれば、例えば会議中や商談中であっても、さっと机の下などで操作して必要な情報を確認する事が可能です

この様に「Focals」はビジネスシーンでのサポートアイテムとしての利用に特化したARグラスとしてデザインされている事がわかります。

そのため「Focals」は動画視聴やゲームプレイなどのエンタメで遊ぶためのデバイスとしての使用は想定されておらず、ビジネスパーソン向けのARグラスとしてリリースされています。

各デバイスのバッテリ容量と駆動時間は

  • Focals本体:700mAh、最大18時間
  • 操作用指輪型デバイスLoop:.8mAh、最大3日間

となっています。

防水性能は「Focals」が水しぶきに耐える程度、「Loop」が手洗いに耐える程度となっています。

Focalsの購入方法・価格 / 値下げ情報

1.購入方法は「ショップのみ」

「Focals」は現在のところオンライン購入には対応しておらず、「Focals」本体、「Loop」それぞれのデバイスの調整のためにカナダのトロントとアメリカニューヨーク、ブルックリンにある専門店へ予約した上で赴く必要があります。

※日本からでも、こちら(NORTH公式サイト)からショールームでの予約を取ることは可能です。

Focals shop

日本国内在住の方には少々購入のハードルが高くなりますが、各専門店舗の住所は以下の通りです。

  • カナダ・トロントの店舗:NORTH OSSINGTON
    ・住所:113 Ossington Ave | Toronto, ON M6J 2Z2
  • ニューヨーク・ブルックリンの店舗:NORTH COBBLE HILL・住所:178 Court St | Brooklyn, NY 11201

興味を持たれた方は予約の上で訪れてみてはいかがでしょうか。

予約は「Focals」公式サイトのから可能です。

2.Focalsの価格:値下げして599ドルに

Focalsの価格ですが、販売当初は999ドルで設定されていたものの、2019年2月に599ドルドルに値下げしました。

度付レンズや色の変更はプラス100ドルになりますが、比較的一般層でも手が届きやすくなりつつあります。

2019年2月にはシアトルにて期間限定でショップを開設したこともあり、徐々に広く販売可能になりつつある様子。日本でのショップオープンが待ち遠しいですね。

ARグラスFocalsのレビュー情報

基本的にはまだ海外での流通がほとんどですので、日本語のレビューは見かけません。

海外の記事やレビューを参考に、実際のユーザーの評価をまとめましたので参考にしてみて下さい。

Focals, like Google Glass, want to help keep our heads up and be more present in the real world.
(Focalsは、Google Glassのように、(スマートフォンとは異なり)私たちの視界を上げ続け、以降目にする機会が増えてくるでしょう)

 

参考記事

こちらのレビュー(参考記事)は海外メディアの記事になります。

記事の内容は、「Focals」の機能としてスマートフォンとの連携機能をまず上げ「Focals」を使用する事で、スマホをバッグやポケットに入れたままで操作する事が可能な点が画期的であると評価しています。

また、実際に店舗に赴いた際に自分専用にカスタムされた「Focals」が3Dスキャンを用いてどの様に作成されるのかも説明しています。

続けて、そのフィット感の快適さ、スマートグラスとしての洗練された機能についても詳しい解説がなされています。

次はこちらの記事からの引用。

REVIEW: FOCALS SMART GLASSES BY NORTH

 We were in a cab on our way to a press event at CES, the annual consumer electronics fest in Las Vegas, and he might not have noticed I was wearing smart glasses had I not said something
(私達はラスベガスのCESに向かう途中タクシーに乗っていましたが、彼は私がスマートグラスをかけていることに気づいていなかったかもしれません。)

やはり何も言われなければ「スマートグラスをかけている」とは思わないような高いデザイン性は非常に魅力的です。

Focals

ライターとタクシーに同乗した知り合いは、おそらく筆者がFocalsをかけているということに気づかなかったのでしょう。

また、記事内ではFocalsのグラフィックの美しさにも言及しており、そのUXの高さを非常に評価しています。

まとめ

今回は普通のメガネの様に普段から装着できるスタイリッシュなARグラス「Focals」を紹介しました。

*合わせておすすめしたい記事:

ARグラスに関する紹介記事→

洗練されたデザインと表示される情報量を絞ったシンプルな機能は日本国内でも注目を集めていますが、購入にはカナダ・トロントかニューヨークブルックリンの公式店舗へと赴かねばならず、10万円を超える値段も合わさって少々敷居が高いアイテムとなっています。

ただ、その分ビジネスシーンにおいてライバルに差をつけるアイテムになりそうです。興味のある方は是非、これを機会に購入を検討されてみてはいかがでしょうか。


Focals5

この記事はいかがでしたか?よければシェアをお願いします。

Kohei Imaizumi

今泉滉平:株式会社x garden執行役員 CCO / XR-Hub 事業責任者