荒野を駆けろ!DiRT Rallyの感想や攻略のコツ、VR化の魅力を解説!


危険な道を恐るべき速度で爆走する爽快レースゲーム「DirtRally」をご存知でしょうか?

DirtRallyは2015年に発売されたレースゲームで、つい最近VRに対応したことで最近再び人気に火がついた注目タイトル!

この記事では、DirtRallyを知らないVR愛用者の方向けにDirtRallyの魅力やプレイした感想をたっぷりと紹介します!

荒野を駆け抜ける!危険なレースゲーム – DiRT Rallyとは?

Dirt RallyはPS4・PC向けに販売中のレースゲーム。

そのタイトルの通り、ダートレース(未舗装道路であるDirtから由来)を題材にしたDirtシリーズの中でもラリーに特化しているのが特徴となっています。

2019年4月現在4,100円と古いゲームとしてはやや高めの価格で販売中ですが、その価格を補ってあまりある魅力があるのです!

Dirt Rallyを遊んで欲しい理由

それではここからは本作の魅力、遊んで欲しい理由を説明していきたいと思います。

現実世界さながらにデザインされた緊張感と操作性

Dirt Rallyのゲームバランスは現実世界の雰囲気を完全再現というほどではないにせよ、かなりリアルな操作性を持っているのが特徴。

 カジュアルなレースゲームのようにカーブに減速せず突入すれば間違いなく曲がり切れず、コースアウトは必至。 

カーブの前と抜けた後には、必ず適切なアクセル・ブレーキワークが必要になります。

もし、これらを軽視した場合、コースアウトして回転しながら落下するハメになるため、 レース中は本物の車を操作するかのような慎重さ、緊張感が求められます。  

仮に慎重にカーブに突入したとしても、「ダート特有の滑りやすさで、マシンコントロールを失いやすい」といった、タイトル通りのダートレースならではの雰囲気を味わうことが出来るのです。

ナビゲーターも同乗し、ド派手な演出も!

もちろん、リアルなのは車の操作性だけではありません。DirtRallyは、ダートレースの雰囲気もばっちし再現しています。

ラリーレースの特徴といえば、車にドライバーとにナビゲーターと呼ばれる人が同乗することが挙げられます。

このナビゲーターは、コースがこの先どうなっているかを教えてくれる役割を持っており、実際のラリーではこのナビゲーターから情報を得て、ドライバーは次のコース状況を予測しレースを進めます。

DirtRallyはこの要素を完全再現し、レース中プレイヤーの横に座ったナビゲーターがコースの状況を伝えてくれます。

音声でもちろん伝えてくれますが、画面上にもアイコンでわかりやすく表示してくれるため、英語が苦手な方でも心配不要です!

アドレナリンが止まらない、重厚なサウンドシステム

ここまで読んでいただければ、このDirtRallyがラリーレースをリアルに再現した貴重なレースゲームであることがご理解いただけるかと思いますが、それをさらに強化しているのがサウンドシステム。

エンジン音やドリフト時のタイヤが道を擦る音など、高い水準で再現されており、プレイヤーの高揚感を煽りまくります。

現在のレースゲームの主流は、グランツーリスモのようなレース場でのレースやオープンワールドのレースであり、リアルなラリーゲームはDirtRallyシリーズのみ。

レースゲームファンにとってマストバイであるのは間違いない作品の1つと言えるでしょう!

空撮リプレイをVRで楽しむのもおすすめです!

VRで進化したその体験の魅力

実はこのDirtRally、発売当初はVRゴーグルに対応していなかったものの、 2017年のアップデートでPC版はOculusRiftに対応し、続いてPSVRにも対応しました。 

DirtRallyというリアルなラリーゲームをVR化したことによりゲームとしての奥行き、ポテンシャルが更に引き出されることになりました。

レーススタート前に左を向くと、先ほど紹介したようにナビゲーターが見え、さらに正面を見ると観客と、スタートを指示する信号も目に入ってきます。

さらにレーススタート後も雰囲気抜群!

凸凹の道路を跳ね回り、コーナーの先をのぞき込むように運転すれば、現実では体験出来ないようなラリードライバー気分に浸ることが出来るのです。

コースアウトの臨場感があり過ぎて、酔う!

VR化による唯一の欠点とすれば、コーナーを曲がりきれずコースアウトした際に、崖の下へ転がり落ちることがあるのですが、そのときも悪い意味で臨場感抜群!

実際に脳みそがシェイクされるような気分になるため、VR酔いには十分注意が必要です!

 このVR酔いもDirtRallyのVR化がもたらしたリアリティの証明。 

もちろんVRゴーグルなしでも面白いゲームですが、対応のVRゴーグルをお持ちの方はぜひともVRゴーグルを利用して遊んでくださいね!

 操作方法・攻略のコツ

さてここからは、DirtRallyのおすすめの操作設定を紹介します。

DirtRallyは操作方法を自由にカスタマイズできるものの、案の一つとして紹介させていただきます。

(なおここで紹介するカスタマイズは、PC版を基準にしています。)

操作方法

シフトアップ
シフトダウン B
サイドブレーキ A
ワイパー Y

ドライビング・アシスト設定

ABS オフ
ステアリング感度 100
デットゾーン パッドによりけり
直進性 0~10

覚えてほしい運転テクニック

  1. アクセルとブレーキを同時に踏み込むことで、車体をコントロールできます。
  2. コーナー途中でアクセルを全力で踏みこめば、コーナーをより早く抜けれます。
  3. 鋭いコーナーは、サイドブレーキを引いて曲がりましょう。
  4. リトライが容易なので、繰り返しコーナーを走ってコースを覚えましょう。
  5. コース後半になればなるほど集中力を切らしてミスしやすくなります。注意してください。

 

本作の評判・感想・レビュー

最後になりましたが、DirtRallyのレビューや感想を紹介します。購入前の参考にしてください!

まずはDirtRallyのレビューから紹介します。ここで紹介するのは、海外大手のゲームメディア「IGN」のレビューになります。

レビューの評価点としては10点満点中7.9点となかなか高めの点数となっています。

好評な点としてラリーゲームとしての内容やコースのクオリティ等が書かれており、ゲームの完成度の高さが評価されていると言えるでしょう。

続いて、ユーザーの評価や感想の紹介になります。

ラリーレース特有のスリルを楽しんでるユーザーや…

雪道のスリップ具体に戸惑うユーザー…

サウンドシステムを讃えるユーザーさんも

楽しいけど、くそむずいという評価まで!

ユーザーの評価・感想でも、ラリーレースゲームとしての完成度の高さを評価する声が聞かれます。

さらに、ハンコン(ハンドルコントローラー)を使えばさらに臨場感が増すとの声もあり、VRと組み合わせれば、さらなるリアリティを体験できること間違いないでしょう!

まとめ

DirtRallyは、そのラリーゲームとしての高い完成度とVRゴーグルに対応していることから、ラリーレーサーになれる唯一無二のゲームとなっています。

レースが好きなゲーマーには間違いなくオススメできるゲームであり、レースゲームファンにとってもその高いリアリティからも外せないタイトルにもなっています。

DirtRallyを購入して、ラリーレースに出場してみるのはいかがでしょうか!^^

関連記事)

アドレナリンが止まらない!VRレースゲーム6選!


この記事はいかがでしたか?
もし「参考になった」「面白かった」という場合は、応援シェアお願いします!