未経験でも安心!Unity開発に強いプログラミングスクール5選!


「Unityを学びたい」という方は非常に増えていますが、オンラインコースが良いのか、教室に通うのが良いのか迷われている方も多いのではないでしょうか。

今回は通学型でUnityが学べるおススメのプログラミング教室5選をお届けいたします。

Unity人材は今後、VR業界の盛り上がりと共に需要が増える

unityロゴ

Unityはゲーム開発用に作られた統合ゲーム開発環境(ゲームエンジン)です。

しかし、昨今のVR人気の高まりにより、VRアプリの開発にUnityを利用するケースが非常に増えてきました。

Unityで作ったアプリはマルチプラットフォームで稼働するため、Windowsや家庭用ゲーム機を含め幅広く利用されていますが、特にモバイル系のゲームアプリには絶大なシェアを誇ります。

従来、モバイルアプリの開発の場合「業務用のアプリは扱いやすいHTML5系の開発環境を利用し、3DやゲームならUnity」と住み分けができていたのですが、ARやVRの普及に伴いUnityの活躍するシーンが大幅に増えてきたのです。

UnitychanMoveCheck2

Unityによって制作された動画、初心者でも1ヶ月程で制作可能。

そもそも3D系コンテンツの開発はゲーム開発環境が得意とする分野であり、スマートフォンやスタンドアロンVRヘッドセットでAR/VRを利用する場合はUnity、もしくはUnreal Engineくらいしか選択肢がないともいえる状況になってきています。

そもそもUnityはC#とJavaScriptによって記述するために、技術者にとっては敷居の低い開発環境でしたが、従来は「ゲーム開発者用の開発環境」とみられていました。Unityで業務アプリを作ることはまれだったのです。

しかし、ARはもはやカメラを使うアプリには普通に利用する機能となり、VR業界が今年に入ってから一気に盛り上がってきました。

つまりマルチプラットフォーム言語であるUnityを学ぶことによって、ゲーム開発にも、業務アプリ開発にも、モバイルアプリ開発にも生かすことができる価値の高いスキルとなり、一気にメジャーな地位に躍り出たのです。

VR技術者の将来の年収は2,000万円を超えるという予想も

大手ゲームメーカー・バンダイナムコは、2018年時点でおよそ3000億円と想定されているVR・AR市場は2年後に1兆円を突破すると試算しています。

この市場の急激な伸びに対応するためにはVR開発者の育成や採用が必要不可欠で、このままいくとVR業界もクリエイター不足の問題を抱えることになります。

VR企業同士の人材獲得競争が加熱することで、VR開発者の給与が数年後に大きく伸びるというのは、なかば必然的な未来とも言えるかもしれません。

日経ビジネスは「仮想空間(VR)技術師」の年収は2,000万円を超えると予想

そのため現在VR開発者を養成するスクールが次々と立ち上がっています。

もともとプログラミング講座を開講していたスクールや専門学校だけでなく、新規でVRスクールを立ち上げた企業もあります。VRスクールはこれからますます増えることが予想されます。

Unityプログラミング勉強塾の選び方

Unityを学ぶには大きく3つの方法があります。

  1. 動画や書籍を参考にしながら独学する方法
  2. オンラインスクールを受講する方法、
  3. プログラミング教室に通う方法

の3つです。

Unityは参考になる動画なども多く提供されていますので、ある程度のスキルは恐らく独学で身につくでしょう。何よりはまず実際に触ってみることをおススメいたします。

まずは独学で頑張りたい!という方はこちら→)Unityの環境構築からチュートリアル攻略、ARへの応用まで

エンジニアリング経験が無い方はプログラミング教室がおすすめ!

とはいえ、エンジニアリングの経験が全くない場合は、環境構築という最初のステップで挫折してしまう事も多いため、本格的にゲーム業界で活躍したいとか、開発系のエンジニアとして就職したいという場合は有償のオンラインスクール、もしくはプログラミング教室に通われることをお勧めいたします。

集合研修的な教室の場合、仲間がいる良さがありますが、学ぶスピードはクラス全体の進行に左右されますが、一方でオンライントレーニングや、通学型のマンツーマンレッスンの場合はわからないところはすぐに聞けますし、自分の理解のペースでどんどんスキルを身に着けていくことができるのが魅力です。

Unityを学習するのにおすすめのプログラミングスクール7選

それではここからは、特に実績があり多くの卒業生を輩出しているサービスを「編集部Best」と題して3つ厳選して紹介いたします!

編集部Best 1:万全のサポート体制が揃う – Code Camp

オンライン・マンツーマンのプログラミングスクールとしてトップクラスの実績を持つCode Camp。

教えてくれる講師は全て現役のエンジニアとなっており、受講生の学習効果が評価された結果、テレビや新聞、ビジネス誌など多方面のメディアで紹介されています。

レッスン満足度は驚異の94.2%となっており、多くの受講生が現役エンジニアの手厚いマンツーマン指導によって確実にプログラミングを習得。キャリアアップ・転職・独立起業などの目標を実現しているとのこと。

プログラミング学習だけでなく、就職/転職を成功させるためのサポート体制を整えているため、VRARクリエイターを目指す方のキャリア実現まで親身になってくれる心強いサービスです。

<コードキャンプの無料体験レッスンはこちらをクリック!>

編集部Best 2:国内最大級のテックスクール – TECH:: CAMP

Webサービスやアプリ開発、AI入門など様々なコースを取り揃えているTECH:: CAMP。

プレイステーションやスマートフォンで実際に動く自分だけのゲームを作成して遊ぶことができますし、もちろんプログラミングの基礎やVRに必要な知識まで学習することができます。

説明会は人気で満席になることもあるとか!TECH::CAMPでは、本申し込みの前に無料説明会や体験会へ参加することができます。

興味がある人は無料カウンセリングするだけでも色々な学びがあるのでおすすめです!

TECH::CAMPのUnity養成プログラムの体験レッスンはこちらをクリック!

編集部Best3:24時間QA対応が嬉しい – TECH ACADEMY

TechAcademy(テックアカデミー)は、オンラインで完結するプログラミングスクールで、作りたいサービスや目的によって数多くのコースから選ぶことができます。

TechAcademyではUnityのコースも用意されており、8週間、12週間、16週間、24週間の4つの期間を選んで学習することができます。

また、教えてくれるのは現役のエンジニアやデザイナーといったプロで活躍している人たちなので、受講生の習得度に合わせてレクチャーを受けることができます。

24時間のチャットサポートも充実しているので、いつでもどこでもつまづいた部分を質問してすぐに解決する点も非常に嬉しいポイント!

受講生限定の就職・転職紹介サービスもあるので、受講状況や習得スキルに応じてスカウトがきたり、ニーズや能力にあった転職も可能です。

テックアカデミーのUnity体験はこちらをクリック!

他にもある!都内のおすすめプログラミング教室

ここからは、編集部Bestではピックアップしませんでしたが、実績に定評のあるUnityプログラミング教室を4つ紹介していきます。

少人数のライブ型授業 – システムアーキテクチュアカレッジ

システムアーキテクチュアカレッジの特徴は、少人数ライブ授業です。

一方通行ではない双方向のきめ細かい授業によって「ゼロからプロへ」をモットーに初心者からプロのエンジニアにしっかり育成してくれることに定評があります。

IT業界専門のエージェントによる就転職サポートが整備されていることも特徴で、資格試験合格率も95%と非常に高い実績を誇ります。 

Unityの開発スキルを、ご自分のキャリアにしっかり生かしたい方には非常におススメの教室です。

中高生向けプログラミング教室 – Life is Tech!

Life is Tech ! スクールは初心者が基礎から始めてリリースできるまで実力がつく、中学生&高校生のための本格プログラミングスクールとして定評があります。

Unityが学べるコースでは、簡単なゲームを作ることでプログラムの基本を学び、その後に、オリジナルの2Dもしくは3Dゲームを開発できるようになるまで指導をしてくれます。

授業は1グループ/5-6人の少人数制で、一人ひとりを丁寧にサポートしてくれますので、安心してお子様に学んでいただけることができます。

 

 

夜間や週末で講座を受けられる – ヒューマンアカデミー「Unity講座」

ヒューマンアカデミーで提供されているUnityのコースは、週末・夜間コースとなり、主に社会人がスキルアップのために利用されています。

提供コースは「Unity講座基礎コース」と「Unity講座実践コース」の2コースで、初心者からしっかりと学び、就職や転職に際してもしっかりサポートしてくれることが特徴です。

さらにヒューマンアカデミー秋葉原校ではUnityだけでなく、「VRクリエイター養成講座」が用意されています。

KENスクール「Unity基礎」

KENスクールは開校30年の実績を誇り、高度な学習システムを持っていることで知られています。

KENスクールの特徴はインストラクターが「個別指導」で対話しながら授業を進行するスタイルが特徴であり、短期間で集中的にスキルアップを図りたい方には最適といえるでしょう。

入学時には個別カウンセリングによって、目的やスキル、通学ペースなどを相談し、一人一人に合わせたカリキュラムを組んでくれることが魅力です。

Unity基礎の口座については、Unityの基本操作とC#スクリプトの基礎から学習するので、プログラムやゲーム開発が初めてという方でも安心して学習して頂けます。

KnocknoteEducation「Unityコース」

 

KnocknoteEducationは子供から大人まで、未経験の方でも安心して学べるスクールを目指しています。

Unityコースは中学生から社会人までが対象となっており、月2時間から、夜でも通える自由な通塾スタイルを提供しています。

講師は100%現役のプログラマーで、個人個人の理解度に合わせてカリキュラムを進めていってくれる面倒見の良さが自慢のスクールです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Unityの通学型のスクールをご紹介しましたが、それぞれに特徴があることがお渡りいただけたのではないかと思います。

特にUnityはまだ歴史も浅く、カリキュラムも技術者も少ないのが現状であり、逆に言うと認定資格を持っていることは就職・転職の際には大きなお墨付きになります。

楽しくプログラミングを学びたい方や、できるだけ短期間にスキルをつけて就職や転職につなげたい方では、カリキュラムも教え方も当然変わってきます。

ご自分の目的に合った、もしくは目的に合わせてカリキュラムを組んでくれる面倒見の良い教室を選ばれることが一番ではないかと思います。


この記事はいかがでしたか?
もし「参考になった」「面白かった」という場合は、応援シェアお願いします!

株式会社x gardenが運営するXR-Hubの記事編集部です。

読者の皆様に役に立つ情報を発信いたします。