VRで極上の宇宙体験を味わえるアプリ3選!


2018年9月18日、ZOZOTOWNの前澤社長が月旅行に行くことを発表。大きな注目を集めました。

イーロン・マスク率いるスペースXに支払う金額は数百億。度胆を抜くような金額で、宇宙旅行はまだまだ一般人には遠い存在のようです。

しかし、VRなら宇宙はとても身近な存在に。今回は前澤社長より早く宇宙を体験できるVRアプリを徹底紹介しましょう!

スマホで手軽に!「JOY!VR 宇宙の旅人」で体験する宇宙旅行

気軽にVRで宇宙体験を楽しみたいあなたには「JOY!VR 宇宙の旅人」がオススメ!

スマートフォンにアプリをインストールして、専用のヘッドマウントディスプレイにスマホを挿入すれば縦横無尽に宇宙を駆け巡ることができるようになります。

遊び方は大きく分けて以下の4つがあります。

クルーズモード

自動で動く宇宙船によって地球を離れ、広大な太陽系をめぐります。ちょっとした宇宙旅行を楽しむことができるのが嬉しいですね。

惑星探査モード

月や火星に降り立ち、バギーのような乗り物で探検に出ます。イーロン・マスクよりも早く火星に降り立った優越感はたまらないです。ひょっとしたら未確認生物が発見できるかも!?

宇宙遊泳モード

宇宙空間で地球を見ながら遊泳します。没入感によって、本当に宇宙にいるのではと錯覚するほど。「地球は青かった」の名言であなたも有名になれるかもしれません。

プラネタリウムモード

VRで88の星座を季節ごとに鑑賞できます。これでプラネタリウムに行かなくても自宅で気軽に星空を楽しむことができます。

これだけ遊べて、ヘッドマウントディスプレイと専用コントローラがセットになって価格は9800円(税抜き)!

一般に販売されているほとんどスマホで対応しているのも嬉しいですね!

対応機種はこちら

YouTuberも絶賛!「JOY!VR 宇宙の旅人」の口コミ

「JOY!VR 宇宙の旅人」は、YouTuberによる体験動画が数多くアップされています。YU-P (ユーピー)さん、ひよちゃれさんが体験している様子を見るとどんな感覚になるかわかります。

また、Amazonのカスタマーレビューでも「照明を消してこのVRを装着すると宇宙空間が広がって癒された」、「宇宙で見る地球が綺麗」といった声が届いています。スマホでお手軽に体験したい人におすすめです!

ハイエンドVRで体験する「Mitaka for VR」は極上の宇宙遊泳体験

HTC ViveOculus Riftでもっとリッチな宇宙体験がしたい!

そんな贅沢なあなたにもオススメのアプリがあります。それが、「Mitaka for VR」です!

なんと、あの国立天文台がリリースガチアプリ。HTV Vine、Oculus Riftを持っていたらぜひ体験してみたいところです。

天文学の理論やデータに基づいたリアルな宇宙体験

機能は「宇宙空間モード」と「プラネタリウムモード」の2種類。宇宙空間モードでは、地球をはじめ太陽系の8つ惑星と冥王星などを鑑賞できます。

国立天文台がリリースしているだけあって、天文学の理論に沿ったリアルな惑星の姿を再現。宇宙や天体の構造が忠実に描かれているところが他のアプリとの最大の違いでしょう。

気になる人は動画をチェック!

このMItaka for VRですが、宇宙飛行士を目指すタレント・黒田有彩が体験しています。様子を見ていると、そのリアリティの凄さが伝わってきます。

動画からも分かるように、天体に着陸していると、そこから見た空を表示することができます。これが「プラネタリウムモード」です。従来のプラネタリウムでは味わうことができなかった天体観測が可能になっているのです。

PSVRソフト「アポロ11号」で体験する月面着陸

前澤社長より早く月に行きたいあなたにはPlayStation VRで体験できる「アポロ11号」がオススメ!

これは、実際のアポロ11号の飛行を再現したVRドキュメンタリーです。当時記録された音声やNASAの資料を利用する力の入れようで人類初の月面着陸の瞬間を体験することができるのです。

スタートはあの演説から!

ストーリーはジョン・F・ケネディ大統領が行なった伝説の演説からスタート。それが終わると、目的地の地球が映り、月へ向かうアポロ11号が登場します。アームストロング船長とともに月へ向かう旅が始まるのです。

実際のロケットは大人3人入ると身動きも取れないくらい狭く、外を見るには小さな窓が頼りです。想像以上に過酷な状況で月へ飛び立ったことがわかります。

さらに、宇宙空間に出てからはロケットの方角を変えるドッキングや実際の月面着陸の瞬間も体験。月までの行程も忠実に再現されています。

リアルな月面を自由自在に楽しめる

月に着陸してからは月面を自由に移動することができます。手元のスティックで歩行したり、異動先をしてしてワープすることも可能に。自由自在に月を移動できるのはとても魅力的ですね。

体験するだけでなく、人類の宇宙への進出を知ることができる教育用コンテンツとしても「アプロ11号はオススメ。これだけ体験できて、価格は1400円(税込)!

PSVRを持っているあなたはすぐにダウンロードを!

まとめ

いかがでしたか?数百億円払わなくても宇宙は体験できるのです。

宇宙への関心が高まれば、今後VRで宇宙体験できるアプリはもっと増えるでしょう。宇宙旅行はVRで!そんな時代はもうすぐですよ!

宇宙に興味ある方はこちらもおすすめです!→)ファン必見!スターウォーズの世界に没入出来るVRゲーム/動画5選!


Yamachan