【ファン必見】カイジ VRの遊び方、評判レビューを徹底解説!


数々の名言を残し、強烈なインパクトを与え続けるカイジ。熱狂的なファンを生み、マンガだけでなく映画も大ヒットして多くの注目を集めました。

しかし、カイジの広がりはこれだけにとどまりません。2017年、満を持してカイジVRがリリースされました。

PlayStation VRで体験するカイジの世界

VRの舞台になっているのは、マンガ「賭博黙示録カイジ」にある「絶望の城編」の鉄骨を渡るシーン。

ファンなら一瞬で思いつく緊迫した場面です。プレイヤーはカイジになって、佐原・石田などの個性的なキャラクターと一緒に鉄骨渡りにチャレンジします。

動画にもあるとおり、「ざわ ざわ」というお決まりのセリフも演出され、これだけでもドキドキしてきます。

これ以外にも原作さながらの演出がふんだんに盛り込まれており、葛藤するカイジの心の中も忠実に描かれています。原作を知るファンならその世界に没入できること間違いなしです!

リリースされた販売日は2017年8月28日で気になるお値段は税込でなんと1,944円!しかも、一時期セールも展開されていたようです。

鉄骨渡りの難しさ

ゲームでは、各フェーズをクリアするごとにトロフィーが与えられます。種類はブロンズ、シルバー、ゴールド、そして全てのトロフィーを獲得した時に手にすることができるプラチナの4種類。ここまで手にすることができれば、カイジVRのマスターと言えるでしょう。

(https://www.jp.playstation.com/games/kaiji-vr-zetsubou-no-tekotsu-watari-ps4/ より引用)

しかし、ここまので道のりは遠く険しいもの。ゲームは、高さ10mに設置された鉄骨の上を一番早く渡りきる「Brave men road」と強風が拭きあらる地上74mに設置された鉄骨を渡りきる「電流鉄骨渡り」の2つのパートで構成。

特に、後者は鉄骨に触ると大電流が流れるところまで再現され、プラチナトロフィーをクリアするにはこの両方をクリアする必要があります。

(https://www.jp.playstation.com/games/kaiji-vr-zetsubou-no-tekotsu-watari-ps4/ より引用)

クリアするのも決して容易ではありません。

「Brave men road」では、あの押す・押されるが展開され、ギリギリの戦いに臨むことになります。

また、鉄骨渡りコントローラーの左右のスティックを操作して歩みを進めます。

コントローラーでバランスを取ると聞くと単純なように見えますが、想像以上に繊細なスティックさばきが求められ、ミスをするとバランスを崩して落下…ゲームオーバーとなり、スタート地点から再度始めることになります。

(https://www.jp.playstation.com/games/kaiji-vr-zetsubou-no-tekotsu-watari-ps4/ より引用)

全体的なボリュームは2時間ほどでそれほど多くないものの、VRで再現されたカイジの世界は想像以上に恐ろしさを感じます。

利根川の迫力もマンガや映画以上に感じることができるでしょう。

ちなみにYouTubeでは生々しい実況動画もアップロードされています。ネタバレ注意ですが、気になる人はチェックしてはいかがでしょうか。

カイジ VRの評価・感想

ところで、実際にゲームをプレイした方はどのような口コミを寄せているのでしょうか。PlayStation VR カイジの評価を見てみましょう。

まずは、プラチナトロフィーを獲得した猛者の声から。演出など細かい部分まで再現されていて、VRの特徴を活かしたゲームと評価しています。こういう口コミを見ると、ファンはプレイしたくなりますね。

さらに、カイジの原作者・福本伸行さんもVRに挑戦!動画をご覧いただくとわかりますが、作者を唸らせるほどのリアリティがあることがうかがえます。これは相当期待できますね。

一方で、あまりにリアリティがあるので”VR酔い”する方も。VRにありがちですが、慣れていない方は要注意ですね。

VR PARK TOKYOのカイジVRは更に凄い!

「全身でカイジの世界を体験したい!」

そんな欲張りなファンの方もいらっしゃることでしょう。

そんな声が届いたのか、あのVR PARK TOKYOで「カイジVR〜絶望の鉄骨渡り〜」が体験できるようになったのです!

2018年にリリースされたこのアトラクションは、PS4 VRでは味わえない身体に吹き付ける風やぐらつく鉄骨などが再現されており、よりリアルな世界が広がっています。

まさに、全身で「絶望」を体験することができるでしょう。

ちなみに、難易度はちょっと高めなようで、施設のスタッフから「すぐに終わってしまう可能性もあります」と注意があるとかないとか…。

体験動画はSNSでさまざまな方がアップロードしてますので、雰囲気をつかむにはちょうどいいかもしれませんね。

カイジVRのその他の情報は以下のとおりです。

・設置台数:2台

・体験時間:1〜5分ほど

・身体制限:なし

VR PARK TOKYOは、午前10:30から午後11:00までオープン。チケットは平日は一人2900円、週末は一人3300円になります。

110分間遊び放題なので、カイジだけでなく様々なアトラクションを楽しむことができますね。

【徹底解説】VR PARK TOKYOの魅力や遊び方、感想/口コミまとめ!

こちらの記事でも細かい解説してます!

まとめ

ここまでカイジVRの情報を余すところなくお伝えしました。

カイジファンだけでなく、VR好きな方も体験したくなったのではないでしょうか。

カイジの根幹を成す「絶望」と「現実」が味わえるオススメの作品です。あなたは賭けに勝てるのか、カイジになって思う存分楽しんでください!


この記事はいかがでしたか?
もし「参考になった」「面白かった」という場合は、応援シェアお願いします!