VR結婚式の最新事例! 会場の下見や遠隔参加/2次元キャラとの挙式まで


VR市場はますますの広まりを見せていますが、今回は結婚式における活用事例をご紹介します。

VRの挙式における活用は、大きく二つパターンがあります。

1つはVR空間の中で2次元のキャラクターと結婚式を行うという体験サービスで、実際にそういったイベントも始まってきています。

そして2つ目は、結婚式をVRでより便利に、感動的にするサービスです。会場の下見などをVRで行えたり、遠方で式場に来れない方の参加をVRを通じてリアルタイムで体験可能にしてくれます。

本記事では、VRが結婚式というサービスの中でどのように活用されているのか、国内や海外の事例をもとにご紹介します。

2次元キャラとの挙式VRコンテンツがすごい?

vr結婚式

結婚式をもっと便利なものにしてくれるVRコンテンツも注目の一つとなっていますが、この分野で非常に注目をされている分野があります。

それが、2次元のキャラと結婚式ができるというしたい人にとってはこれ以上にないVR体験です。

ゲームで体験!挙式VRでイケメンキャラと結婚式

こちらがまず1つ「挙式VR」ゲームというものです。

挙式VRはボルテージという会社から出ているVRゲームで、「SEGA VR AREA AKIHABARA」にて、期間限定で体験ブースを設置していたものが、モバイル版で発売したものです。

2017年の東京ゲームショウでは90分待ちとなったほどの話題を集めたもので、恋愛ドラマアプリの人気キャラと結婚式が体験できるというVRコンテンツです。

こちらは女性視点のゲームのようですので、2次元の男性と結婚できる!というのが売りのVRコンテンツですね。

誓いのキスまで?【新妻LOVELY×CATION VR結婚式】

もう一つが男性視点の方のものですが、「新妻LOVELY×CATION VR結婚式」というゲームのイベントで話題をさらったものです。

こちらはゲームとしては発売されていませんが、とても話題になったものでゲームのヒロインと結婚式を体験できるというイベントだったそうです。


憧れの2次元キャラと結婚式。指輪交換、柔らかい唇に誓いのキス(その瞬間、係の方が口にマシュマロを当ててくれます)に食事会までできるという超本格派VR体験。

外から見るととても不思議な状況に見えますが、体験者はきっと楽しんでいるはずです。

VR結婚式とは- サービス事例と値段など

ここまで、「挙式VR」というサービスを紹介してきましたが、勿論VRが結婚式で活躍するのはそこだけではありません。

遠隔からの結婚式の参加や、VRによる下見など便利で感動的なサービスがいくつもあります。

足が悪くて遠出できなくても、VR結婚式ならおばあちゃんが参加できる。そういった優れらサービスも含め、詳しくご紹介します。

式場の事前下見をVRで行う

例えば、会場の下見をVRゴーグルをかけて行う、といったサービスがあります。

結婚式を企画するにあたって会場を抑える際、「予約をとって式場を見に行く」というのは貴重な時間を割いて行くわけですから、確実に下見をしたいですよね。

ただ、結婚式場が下見の日に挙式で使われていたり、レストランウェディングの場合は食事しているお客さんがいたりするとうまく見学できませんし、そういった背景から会場がなかなか抑えられなかったりします。

そこで、VR式場見学の出番です。

この動画のような感じで仮想空間の結婚式場を下見することができるようになります。

もう一つ例をお出ししましょう。

こちらも下見に近いですが、実際の挙式での動画演出なども含めてVR映像で体験することが出来ます。

遠隔からでも参加できる!挙式をVR中継で体験

挙式VRの活用例として、遠方の親戚や、友人が式場にいない場合でも、結婚式場にいなくても参加できるサービスが挙げられます。

地理的な要因からどうしても参加できない場合でも、ゴーグルをつければ挙式VRによりあたかも会場にいるかのような体験が可能なのです。

下の動画は、HUG WEDDING」というプロジェクトの紹介動画です。

高齢だったり、病院にいたりして来れない人でもVR技術を使用して、結婚式に参加できるというサービスです。

動画内では人型のロボットである「Pepper」にVRカメラを取り付け、映像を配信して、おばあちゃんの参加を可能にしています。

Pepperが撮影するVR映像を通して、結婚式をおばあちゃんが体験します。pepper君の「目」を借りて、VRを通しておばあちゃんが孫の晴れ着が見れる。涙が出てきます。

気になるVR結婚式のお値段ですが、プランは2種類で値段は異なり、180,000円か200,000円のどちらかのプランで行うことができます。

海外におけるVR結婚式の反応・事例

最近では海外でもVR挙式の需要があります。そこで、挙式を便利に・そして残すバーチャルリアリティを使ったサービス事例をご紹介します。

挙式のVR映像を残せる- WeddingsLive(イギリス)

例えば、結婚式を360度のVR映像を撮影し、後からいつでも動画を見て楽しめる、サービスがあります。

こちらはイギリスのグラスゴーにある「WeddingsLive」という会社が提供しているVR結婚式のサービスです。

このYouTube動画ですが、よく見ると画面左上辺りに十字キーのような見慣れないマークがあります。

これが意味するのは、動画を回転できるよ!という意味なんです。あまり見慣れないマークですが、試しに右ボタンや左ボタンを触ってみてください。なんと、画面が回転できるのがわかります。

動画をドラッグすることでも動画内を回転してみることができますね。

自分たちだけではなく、列席の友人もしっかりととらえているので、VRとして見たときの臨場感はすごいものになるでしょう。

これをVRゴーグルなどで見ることで、自分がいた結婚式に入り込むことができるんです。

360度のVR挙式動画サービス!Virtual Guest Pty Ltd(オーストラリア)

他人に見せるでもよいですし、自分が結婚式を思い出したりすることにも使えるのです。Virtual Guest Pty Ltdという会社でも同じように360度のVR結婚式を提供しています。

こちらはオーストラリアの西オーストラリア州の会社です。

この結婚パーティーのように外のパーティーでも使えますので、ダンスパーティの風景だけではなく、バックで音楽を演奏している人たちの動画も捉えています。

あとでVRゴーグルで見返したときにはとてもすごい没入感になること間違いありません。

ここまで映像として残してくれるのでしたら、一生に一度の結婚式がさらに思い出深くなるものでしょう。

まとめ

当記事では話題のVR結婚式の概要や一風変わった2次元キャラとの結婚式、そして海外でのVR結婚式の事例を紹介しました。

VR体験として非常に面白いものから、便利だったりあったら非常に嬉しいサービスまで、VRというテクノロジー領域の幅の広さを感じる事例ばかりです。

筆者は先日結婚式をしたのでこのVR結婚式にとても興味があったのですが、海外の事例でのように、結婚式のような美しい思い出は、是非記録に残したいと思いました。

ビデオで撮ってもらうことが多いですが、360度見まわせるVR映像を見た際の感動や臨場感を残すVR体験は、一生色褪せないでしょう。

これから結婚式を控えている人も、すでに結婚式を挙げた人も、このVR結婚式の衝撃はとてもすごいものだと思っていただけたかと思います。

遠くへ行かなくても式場を見学できたりすることでのVR結婚式の活用や、遠方にいる方への参加を呼び掛けたりすることもできるVR結婚式での事例を見ていると、今後の一層のニーズの高まりが考えられます。

結婚式は一生に一度の大事なイベントですので、そのイベントを引き立てるためにもVR結婚式の活用を検討してみるのもよいかもしれません。


vr結婚式

この記事はいかがでしたか?
もし「参考になった」「面白かった」という場合は、応援シェアお願いします!

今泉滉平:株式会社x garden執行役員 / XR-Hub 事業責任者

企業向けAR/VR事業コンサルティングも実施しておりますので、以下からお気軽にお問い合わせください。

企業ページ(お問い合わせ先):https://x-garden.co.jp/

ツイッターアカウント:https://twitter.com/kohei_xrhub