PSVR『ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~』レビュー|攻略方法まで徹底解説


コーエーテクモウェーブから2019年1月25日に発売された「ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~」は体感型VRアドベンチャーホラーで、全国のゲームセンターなどで展開される人気のVRゲーム筐体からPSVR(PS4)への移植作として話題を集めています。

VRホラーゲーム史上最も怖い、という評判もあるほどの本作。

今回は、プレイヤーを怖がらせる事を極限まで追求した「ホラーSENSE だるまさんが転んだ」の極上の恐怖演出の魅力や攻略法、ネットでのレビューや評判まで徹底的に解説します!

「ホラーSENSE〜だるまさんがころんだ〜(PSVR)」の概要・ゲーム情報

だるまさんがころんだ

コーエーテクモウェーブから2019年1月25日に発売開始された「ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~」はPSVR対応の体感型ホラーアドベンチャーゲームです。

本作は全国のゲームセンター、アミューズメント施設などで稼働中のVR体感筐体「VRセンス」にてプレイできるVRコンテンツの中の一作である同タイトルが、好評を受けてPS4PSVR向けに移植されたものです。

ゲームのルールはシンプルで、誰もが知っている「だるまさんが転んだ」のルールと同じく鬼に見られている間に動いたら負けというもの。

ただし、舞台となるのは不気味な廃校の廊下、鬼は正体不明の異形の子供達、そして本作でのだるまさんがころんだは「動いたら死ぬ」という恐怖のデスゲームなのです。

基本的なゲームのルールは「だるまさんが転んだ」?

だるまさんが転んだ

ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~」の基本的なゲームシステムは、極めてシンプル。

 朽ちた廃校の真っ暗な廊下の先に佇む不気味な子供に向かって「だるまさんがころんだ」のルールに従い少しずつ近づいていき、生きて子供のところまでたどり着ければクリア。  

ただし、接近していくまでには数々の恐怖演出でのギミックが仕掛けられています。

突然の電灯の明滅に合わせて、異形の巨大な怪物が廊下を徘徊しているのが目に入ったり、窓から突然無数の朽ちた手が突き出されたりなど、思わず脂汗が吹き出し、体が仰け反る様な最恐のVR恐怖体験が用意されています。

だるまさんが転んだ

また、ゲームの展開の最中も首だけは動かすことができ、作り込まれた周辺の様子を伺うことができます。

廊下にはいくつか古びた日記帳が落ちており、それを拾うことでここで過去に起こった惨劇や何故この廃校内を不気味な化け物達が徘徊しているのかも徐々に明らかになっていきます。

「ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~」のあらすじ

だるまさんが転んだ

本作のストーリーは、プレイヤーと男女2人ずつの合計5人で、恐ろしい怪談が噂されるとある廃校に肝試しに訪れたところからスタートします。

廃校内に忍び込んだ5人でしたが、すぐに妙な気配と共に子供の声がするなどの怪現象が起こり、彼らが入ってきた扉が音を立てて勝手に閉まって外に出られなくなってしまいます。

小学生くらいの少女がいるのを見つけたプレイヤーの友人2人が近づいて声をかけますが、少女の「だーるまさんがこーろんだ」という声が響いたと思った刹那、大きな衝撃音が響き渡り、友人2人の悲鳴が響きます。

慌てて駆けつけると友人が床に倒れすでに事切れていました。

パニックの中、続けて「だーるまさんがこーろんだ」の声が響き渡ります。慌てた様子で動いていた目の前の友人が突然壁に叩きつけられ、そのまま廊下の先に引きずられて姿を消してしまいます。

だるまさんが転んだ

何が起こっているのかもわからない中、プレイヤーは廊下の先に佇む得体の知れない少女との命をかけた「だるまさんがころんだ」を遊ぶことになるのです。

一瞬の動きが死につながる極限の状況の中、プレイヤーはこの惨劇の謎を解き明かし、生きて廃校から出る事ができるのでしょうか。

「ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~」の基本データ

タイトル 「ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~」
対応機種 PlayStation®4 (PlayStation®VR専用)
発売元 (株)コーエーテクモウェーブ
ジャンル ホラーアドベンチャー
発売日 2019年1月25日
価格 ダウンロード版 1,980円+税
CERO(対象年齢)
CERO C
 暴力  恐怖
プレイヤー 1人

 

本作をプレイすべき2つの理由

ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~」を是非とも遊んで欲しい理由2つをご紹介します。

1.シンプルな操作性で没入。VRならではの恐怖体験を存分に体感できる

本作の魅力は何と言ってもVR空間に没入した上質な恐怖体験にあります。

極限までシンプルな操作性が、VR空間への没入感を極限まで高めてくれるので、精細に作り込まれた朽ちた廃校の不気味さ満点の雰囲気の中に存分に没入させてくれます。

また、ゲームの途中に数々織り込まれた恐怖演出ギミックの数々は、VR内に没入した感覚の中では本当に体が仰け反る程怖く、前に進もうと思う勇気があっさりと挫かれてしまう程。

音響に関しても細かく作り込まれている点なども合わせゾクゾクとした恐怖が容赦無く込み上げてきます。

プレイヤーを怖がらせるという点に特化して丁寧に作り込まれた本作は、VRホラーゲームの中でも屈指の作品です。ホラー是非の方には是非とも一度はプレイして頂きたいです。

2.段々と加速していく恐怖演出、VRセンス版ではなかったさらなる高難易度も!

だるまさんがころんだ2

本作では、序盤は比較的静かに恐怖演出が散りばめられているのですが、後半にいくにつれ難易度の上昇とともにジワリジワリと恐怖演出も派手なものに変化していきます。

この恐怖演出の盛り上げ方が非常に計算して作られており、段々とゲームに慣れて怖くなくなってしまうという事がありません。

さらに、VR体感筐体「VRセンス」にて配信されているバージョンのステージ「初めの遊戯(少女編)」「続きの遊戯(少年編)」に加えて、さらなる高難易度のステージ「反復の遊戯(狂鬼編)」が搭載されています。

これはまさに鬼畜的難易度。

怒涛のように押し寄せる恐怖演出も相まってパニックになる事間違いなし、ホラーゲームに慣れていて大抵のものは怖くないという人にも是非とも体験してもらいたいモードです。

「ホラーSENSE 〜だるまさんがころんだ〜」の攻略のコツ

だるまさんがころんだ

「ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~」の操作は「○」ボタンを押せば進み、離すと止まるというシンプルなものです。前半は首を動かしても良いルールなので、恐怖感からくる焦りの気持ちさえ克服できれば、割合簡単にクリアできます。

しかし、後半の高難易度のステージでは「首の小さな動きでも即アウト」鬼畜的難易度に変化しています。この後半の首を動かすのもアウトのルールになると、途端に難易度が急上昇し、前半のVR空間での恐怖体験を味わう「体感ゲー」から一転して「死にゲー」となります。

 攻略のコツとしては

  • 何度も繰り返して鬼の「だーるまさんがこーろんだ」の言い方のパターンを覚える
  • 不意の恐怖演出に驚いて思わず首を動かしてしまわないようにする

ということに尽きます。  

特に首を動かしてはダメの判定についてはかなりシビア目なので、かなりの精神力が必要かも知れません。

さらに、ラストのステージではこの厳しい判定に加えて時間制限の要素も加わります。これは廊下の所々に落ちているアイテムを拾う事で多少延長できるのですが、ギリギリに設定されているので、結構焦ってしまいます。

それでもいかに気持ちを落ち着かせ、見られている間に動かないでいられるかという恐怖心との極限の戦いになります。

こうした部分も、ホラーゲームやアトラクションが好きな人には是非体験してもらいたい部分なので、難易度は高いですが是非とも何度も挑戦してみてください。

また、廊下の途中で落ちている「綴られた記憶」を全て広い、事件の真相を解き明かす事で、エンディングが変化します。是非これにも挑戦してみてください。

怖すぎて絶叫?レビュー・感想まとめ

最後に「ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~」のネット上での評判やレビュー・感想などを紹介します。


怖すぎて問題作との声も。和製のホラーVRゲーとしては現在のところ最も怖い作品なんじゃないかと思います。


こちらは「VRセンス」筐体の方でプレイされた方の感想です。筐体の方では椅子が動くギミックなどもあるのですが、PSVR版でもコントローラーの振動が結構怖いです。この方も言うように、思わず声が出て、汗を掻くくらいに怖いホラーの良作ですよ。


まさに「ホラーを全力で体験したいあなた」に是非ともオススメしたい作品です。

「だるまさんがころんだ」が始まる前から怖いとの声もあるようです。本作は値段もリーズナブルな設定で、コスパが良いと言う声もたくさん上がっています。VRでの恐怖体験をしてみたいと言う方は是非遊んでみてください。

 

※関連記事:

まとめ

今回はVR体感型ホラーアドベンチャーの傑作「ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~」を紹介しました。

シンプルな操作ながら、VR空間でプレイヤーを恐怖させることに徹底的にこだわって作り込まれており、VRならではの恐怖体験がしてみたい!という方には是非ともオススメしたい作品です。

また、シンプルなルールでワンゲームも短時間で終わるため、友達同士で交代プレイしても盛り上がること間違いなしだと思います。

値段設定も 1,980円+税と内容と比較してもかなりリーズナブルなので、是非ともこれを機会にプレイしてみください!


だるまさんがころんだ

この記事はいかがでしたか?
もし「参考になった」「面白かった」という場合は、応援シェアお願いします!

今泉滉平:株式会社x garden執行役員 / XR-Hub 事業責任者

企業向けAR/VR事業コンサルティングも実施しておりますので、以下からお気軽にお問い合わせください。

企業ページ(お問い合わせ先):https://x-garden.co.jp/

ツイッターアカウント:https://twitter.com/zumi_ki