樋口楓の魅力や中の人、キャラ設定、過去の事件について徹底解説!


関西系VTuber・樋口楓ちゃんとは、「いちから株式会社」が提供している「にじさんじ」という名称のアプリの公式バーチャルライバーです。

初出時にはクールビューティかと思われていましたが、今ではキレ芸が鉄板となったガチオタゲーマーだったりします。

この記事ではそんなバーチャルアイドル・樋口楓ちゃんの謎に迫ります!

にじさんじ、樋口楓の魅力、中の人について

引用元:公式チャンネル

樋口楓ちゃんはバーチャルライバーとして活動する二次元アイドルの一人で、ファン数は13万5千人以上を誇っています。

挨拶と愛称は「かえでろーん_(-ω- ´ _)⌒)_」が定番!

ちなみにVTuberの中には録画済みの動画を編集してアップロードする人と、編集一切なしの生配信=ライブをメインとする人などが有り、樋口楓ちゃんをはじめ「にじさんじ」所属のバーチャルライバーとは後者のライブ配信を主としているVTuberの総称となっています。

【樋口楓】はじめましての自己紹介【にじさんじ】

公式設定では高校二年生の女子高生で、167cmの長身かつスタイル抜群!
劇団に所属していて、劇の薬にハマるために学校でも約っぽく振る舞っていたら素の自分に戻しづらくなってしまったという苦労型の天然要素もあり。

樋口楓1
「かっこいい」より「かわいい」と言われることで照れてしまうそうです。

その声の低さは「声だけを聞くと美少女アバターであることがわからない」とも言われています。
しかしそんなギャップも彼女の魅力であり、「中の人が等身大でファンと接している」としてじわじわファンを増やしています。

樋口楓ちゃんは本当に女子高生?

樋口楓ちゃんはそのラフなトークや、本人曰く「妹は小5年、弟は中2、自分を含め姉弟妹は年齢が3つずつ違う」という年齢差、親からバーチャルライバーとして活動する旨の許可を得ているなど、様々な発言から「本当に高校生なのだ」と信じられています。

しかし現時点で公式(にじさんじ)からの中の人に関する情報は一切非公開となっているため、キャラ付けや設定なのか、素なのか見極めるのは難しいでしょう。

よく配信中に親フラが発生していることや、隣の部屋に妹がいることに気を遣うシーンも有り、ライブ配信での出来事なだけに「実家ぐらし」であることは確定と見られている模様です。

身バレやリアルの本人の本名、容姿などを「特定した・された」とされてる画像や映像も出回っていますが、どれも映り込む女性が全く異なっており、一昔前のモデルなども紛れているため冷やかし物がほとんどと思われます。

いずれにしてもアバターが可愛くてトークやゲーム配信が楽しいのであれば、中の人とは視聴者が感じ取っている彼女のイメージそのもの。

暴くよりは樋口楓ちゃんが自らオープンに中の人のことを公表してくれるようになるくらい、応援できるファンでありたいものですね!

炎上、裏垢誤爆事件

引用元:公式Twitter

安定した人気を誇っている樋口楓ちゃんですが、過去に何度か炎上トラブルも発生しています。

「にじさんじ」所属のバーチャルライバーたちは炎上していない人がほぼいないため、炎上トラブルを起こすこと自体はすでに「お家芸」の一つ。

炎上すら味方につけるバーチャルライバー、末恐ろしや!

炎上⑴、にじさんじ仲間はずれ事件

「にじさんじ」内で仲良しJK3人組として認識されているバーチャルライバー「月ノ美兎」と「静凛」の二人がデートと称した1:1ライブを配信する際に、樋口楓ちゃんは自身のライブ配信中に初めてそのことを知り不機嫌になったことがあります。

引用元;エンタメ動画情報マガジン

この態度を見た双方のファン同士がネット上で騒ぎ始め、ライブ配信の視聴者の一部は樋口楓ちゃんの態度に苦言を呈すなど大事に。

のちに「月ノ美兎」と「静凛」のデートとは「コラボ企画の打ち合わせ」を行うためのものであることがわかり、樋口楓ちゃんの勘違いでショックを受けていただけとわかり自体は終息しました。

厳しい言葉もある中、逆に励ましと慰めのメッセージを送るファンの方が圧倒的に多かったのが印象的な出来事ですね。

<樋口楓ちゃんの発言の一部>
「は?モヤッとした」
「心が痛い!なぁーんでこんなに痛くなるのぉ!」
「これが嫉妬かぁ、どっちに嫉妬してるのかわかんないけど!」

炎上⑵、百合女子事件

仲のいいバーチャルライバー仲間「月ノ美兎」ちゃんの添い寝ボイスについて、樋口楓ちゃんの公式Twitterアカウントから過激なツイートが行われたことがありました。

現在本人のツイートは削除されていますが、魚拓(スクリーンショット)を撮っていたファンにより、今でもツイッター上で問題のツイート内容を確認することが出来るようになっています。

「tknmt」とは「月ノ美兎」ちゃんを表すネットスラングで、主に百合カップリングを妄想する際のファンの間での通称として使用されている表記。

仮にも女子高生美少女としてツイートしているアカウントでの過激な発言に、「樋口楓はリアル百合女子だったのだ」と歓喜する者あり「キャラクター性を汚す行為だ」と憤怒する者ありと阿鼻叫喚の大騒ぎとなりました。

引用元:月ノ美兎公式Twitter

この騒ぎについて樋口楓ちゃん自身は「目を離した隙に部員3人ぐらいが勝手にスマホを操作して投稿した」と弁明。

この弁明に対しても管理不行き届きであることや言い訳が苦しいと言った批判のほか、ツイートを行っているのが本人ではない男性スタッフではないか、あるいは樋口楓ちゃんの個人的なアカウント(裏アカ)でツイートしようとして誤爆したのではないか、といった憶測が飛び交うまでの騒ぎに発展しました。

批判する人たちのほとんどのアカウントが捨て垢(即席で作成されたアカウント)であったこともあり、好意的な反応も多く、次第に騒ぎは終息。現在では百合ネタの一つとして、ファンの間では伝説的な事件として認識されているようです。

炎上⑶、音楽著作権侵害事件

引用元:公式Twitter

樋口楓ちゃんは自身の配信中に好きなアーティストの話題を出し、そのままの勢いでいきなりそのアーティストの楽曲を配信で流し始めるという大やらかしをしてしまったことがあります。

他にもアニメなど幅広く無許可で曲を流す配信が多かったため、遂に怒られる日が来てしまいました。

Twitter上ではファンからの励ましの言葉が相次ぎましたが、「著作権侵害」は他人の財物に対する深刻な侵犯行為のため、ニュースサイトなどにも取り上げられて炎上。

対象アーティストの著作権に対する考え方によっては公的に訴えられる可能性もあっただけに、ネットで活動するアイドルでありながらネットリテラシーに問題が有るとして批判が発生しました。

「公式」の名のもとにサポートするのであれば責任の一端が運営元にあるのも確かですが、一般常識として認識が不足していたことは否めないのも事実です。

これを機にネットリテラシーについてしっかり学んでくれたら、ファンとしては安心できるところ!ですね★

その他のトリビア集

樋口楓ちゃんは見た目と大きなギャップの有るキャラクター性が支持される要素の一つですが、その魅力の一部をクローズアップしたトリビアをいくつかご紹介しましょう!

<握力40kg!?そんな樋口楓ちゃんの性格は?>

非常にざっくばらんな性格をしていて、握力は40kgを誇るという樋口楓ちゃん。
可愛い見た目とは裏腹に、トークはハスキーボイスで概ね関西弁で繰り広げられます。

様々な沸点が低いため「突然笑い出して長時間笑い続ける」「よく舌打ちする」「キレ芸になるレベルでそっちゅうおキレあそばす」といた特徴をライブ配信では大いに発揮し、彼女自身の人気の後押しとなっています。

ところがそんな樋口楓ちゃんは同じ「にじさんじ」公式バーチャルライバー達の中でも天然もしくは純粋キャラとしても認識されていて、BL用語やシモネタに疎い面があり、すねたりしょげたりという素直な反応が「飾っていない」と大人気なのです!

<よみうりランドで3D化決定!>

2018年8月29日に「にじさんじ」公式Twitterにて公開された情報です。
よみうりランドにて2018年9月17日に「Vtuber Land」が開演されますが、その中のオープニングホールイベント「開演プレミアムパーティ」にて樋口楓ちゃんが3Dモデルを伴って出演することが決定しました!

その他にも「にじさんじ」公式バーチャルライバーによる「特別な密室空間」を楽しめるアトラクションコラボもあり、樋口楓ちゃんは大観覧車にて出演します。

園内ではAR撮影会もあり、樋口楓ちゃんと一緒にスマートホンで写真や動画を撮影することが出来るイベントも開催するようです!

<実はアバターの見た目がコンプレックス?>

引用元:公式動画

とてもかわいいアバターが大人気の樋口楓ちゃんですが、実はそのアバターに対して多くのコンプレックスを抱えています。

まず「胸が大きく、しかも揺れるのが嫌」だと思っていることや、「脚の太さに」についてキャラクターデザインへ微修正依頼を出していることなど、自分のアバターの外見について細かなコンプレックスが有るようです。

性的なアピールを嫌うのか「パンチラも嫌がるであろう」とのことで、3D化のスカートに注目が集まっているのは皮肉なことかもしれません。

<樋口かえちゃんの口癖や言葉遣い、迷言>

以前「エルフのえる」ちゃんとコラボした際に「エルフの森を燃やせ!」と連呼するという衝撃ライブが有り、以降「エルフの森を燃やせ」は樋口楓語録としてファンの間で愛されています。

また、ライブ中にうまくいかないことや失敗したとき、コラボ相手との会話中などに「なぁーんで!」と絶叫することが多く、口癖としてファンには認識されています。

ライブ配信中には失敗しそうな雰囲気を感じだした視聴者が「なぁーんで!」とコメントを打ち込む現象もみられ、是非ライブ配信を見るときは絶叫とともに悶えるような樋口楓ちゃんの反応を楽しんで見てください。

<樋口楓ちゃんは歌ってみたの評価も高い>

ゲーム配信が多い樋口楓ちゃんですが、歌ってみたもよく行っています。
コラボもあり、最近の新作ではハスキーボイスを活かしたイケボ歌唱を披露!

夜咄ディセイブ / IA ( cover by かしこまり & 樋口楓 )


引用元:Mari Channel公式チャンネル

「裏声」での歌唱は苦手なようで、地声をそのまま活かす曲を好んで歌っています。
こぶしを利かせ和ロックメロディに負けない力強い歌声は必聴!

月夜ノ空

「にじさんじ」のバーチャルライバーとコラボした作品もおすすめ!

【にじさんじ】Mr.Music【歌ってみた!】

引用元:にじさんじ公式チャンネル

<クラウドファンディング(CF)について>

引用元:BOOT

その声もとても魅力のある樋口楓ちゃんは、現在BOOTHにてクラウドファウンディングを行っています。

売上の一部が樋口楓ちゃんの配信環境整備(PC、マイクなど)や企画(ゲーム、キャラクターの装飾品など)に利用される予定です。

ボイスのダウンロード商品で、全て小中学生のお小遣いでも買える価格のため、ファンが気軽に支援できるのが嬉しいですね。

興味が有る方はダウンロードページをぜひご覧ください!

<キャラデザ・イラストレーターについて>

引用元:公式Twitter

樋口楓ちゃんのキャラクターデザインは、フリーのイラストレーターである「ねづみどし」さんが手がけています。

より言うのであれば「にじさんじ」公式バーチャルライバーの多くのキャラクターも同時に手がけていて、月ノ美兎ちゃん・鈴谷アキちゃん・モイラちゃん・夕陽リリちゃん・文野環ちゃん・鈴鹿詩子さんなどのキャラクターデザインもねづみどしさんの作品です。

引用元:公式Twitter

数々の魅力的なキャラクターを生み出す「ねづみどし」さんの今後の活躍も目が離せません!

美麗イラストの数々を堪能したい方は、ねづみどしさんの作成した同人イラスト集などもぜひご覧くださいね!

まとめ

クールビューティな美少女なのに中身はキレ芸ゲーム配信者なバーチャルライバー・樋口楓ちゃんについてご紹介させていただきましたが、彼女の魅力を伝えきれたでしょうか?

見た目がいいからこそのギャップ萌えを楽しんでいただくことが出来るのも、彼女ならではの良さです。

現在もじわじわとファン(チャンネル登録者数)を増やし、9月には3D化デビューとなる樋口楓ちゃんですが、まだまだ更なる活躍が期待できる注目のVtuber。

毎週のライブ配信はもとより、今後投稿される歌ってみたや他Vtberとのコラボも是非お見逃しなく!


この記事はいかがでしたか?よければシェアをお願いします。

XR-Hub 編集部