テトリスエフェクト徹底レビュー!遊び方や評価・価格を解説!【TETRIS VR】


あのPSVRの評判ブログとして名高い「PSVR日記」の2018年のおすすめランキングで見事1位に輝いた「テトリスエフェクト」をご存知でしょうか?

テトリスエフェクトはPS4・PSVR向けに販売されている、パズルゲームという枠超えた傑作ゲームです。

本日はそんなテトリスエフェクトについて

  • 何がそんなに革新的なのか?
  • 本作を遊んで欲しい2つの理由
  • ゲームモードのご紹介
  • 操作方法
  • 評判や感想・レビュー

について徹底的に解説していきます!

テトリスエフェクトとは?VRが切り開く新体験

テトリスエフェクトとは、PS4・PSVR向けに販売されている新時代テトリスです。

2019年現在、定価3,710円とお安めの価格でパッケージ・ダウンロード販売の2パターンで販売されています。

このテトリスエフェクトのプロデューサーは、伝説的シューティングゲーム「Rez」でお馴染みの水口哲也氏であり、Rezをご存知の方はこの「テトリスエフェクト」がどんなゲームか、ちょっと想像がつくかもしれません。

1.進化したシステム「ゾーン」の導入

テトリスエフェクトは、その名前の通り超有名ゲームの「テトリス」をベースに作られており、基本的なルールはテトリスと同じです。

とはいえ、全く同じゲームシステムではありません。

テトリスエフェクトでは、新ルールとして「ゾーン」システムが導入されています。

この「ゾーン」とは「一定条件を満たすことで時間を止めることができる」というシステムです。

時間停止中は制限時間のカウントが止まるのは勿論、テトリスのブロック(※正式にはテトリミノといいます。)の落下が止まります。

そのため、プレイヤーは考える時間を得ることができるのです。

またブロックの移動もできるため、慣れたプレイヤーなら、ブロックを正確に積み上げて連続でブロックを崩すことを狙うことが出来るようになっています。

この新システムのおかげで、初心者がテトリスの魅力を簡単に味わえるようになった上、上級者はよりハイスコアを狙いやすくなっており、初心者も上級者も満足できる革新的なゲーム設計が誕生しました。

パズルゲームとは思えない映像美

ゲームを構成する要素のうち、システムと同じ位大切な要素として、グラフィックや映像演出がありますが、その点もテトリスエフェクトは従来の常識を打ち破っています。

非VRモード且つPS4Proであれば、4K/60fpsを体感することが出来るのですが、数あるPS4のゲームであっても、4K/60fps対応のゲームはまだ稀有な存在で、グラフィックに心血を注いだゲームであることの証明です。

勿論、VRモードであればPSVRの没入感を活かしたテトリスプレイが可能です。

ゲームプレイに合わせて花火や宇宙を思わせるような激しいエフェクトが飛び散るため、気分はまさにトランス(恍惚)モード。

テトリスエフェクトはパズルゲームとは思えないほど美しい映像も楽しめるゲームでもあるのです。

万人受けするゲームモードの紹介

上記の要素を十分に楽しめるゲームモードは2つ用意されており、メインモードである「journy mode」と「effect mode」の2つが用意してあります。

モード1.サクッと短時間で楽しむなら「effect mode」

「effect mode」は、テトリスエフェクトのゲームシステムをつかってシンプルにテトリスを楽しむゲームモード。

ミスをするまでひたすら遊べる「マラソン」、制限時間に可能な限りスコアを稼ぐ「スプリント」といった、テトリスファンにはお馴染みのルールが用意されてます。

ゾーンやプレイに同期した映像・サウンドエフェクトといった魅力を直球に体感する事ができ、テトリスエフェクトが今までのテトリスと違うことを直感的に理解できるモードです。

サクッと遊ぶ際には、「effect mode」をおすすめします。

モード2. 旅するテトリス?「journy mode」

テトリスエフェクトの「journy mode」は、今までのテトリスとは全く異なるゲームモードです。

Jouny modeでは、エリア毎に固有の背景・雰囲気が設定されたテトリスを遊ぶことになります。

エリアは全27エリアあり、各エリア毎にステージが用意してあり、各エリア毎に背景・雰囲気が異なっているのが特徴。

エリア開始直後は、静かな背景ですが、プレイヤーがブロックを操作するたびにエフェクトがわずかに発生し、だんだん背景も慌ただしくなっていきます。

ステージを重ねるたびにその慌ただしさがましていき、最終的には画面いっぱいにエフェクトが広がって行きます。

このテトリスのプレイと同期した映像・サウンドエフェクトがテトリスエフェクトの最大の魅力であり、この一体感はまるでライブコンサート鑑賞に近いものがあります。

「パズルゲームの枠を超えてる…!」そんな感想を抱いてしまうのがこの「journy mode」なのです。

 

テトリスエフェクトを遊んで欲しい2 つの理由

理由1.思わず心が動く…エモいゲーム体験

上記のjouny mode解説でも紹介したとおり、テトリスエフェクトはゲームプレイと一体になった映像美・サウンドエフェクトが堪能できます。

情緒が溢れるこのゲーム世界観は一言で言うのならば、「エモい」という言葉がふさわしいでしょう。

エモさ溢れるトレイラームービー 

VRゲームと言えば、その高い没入感が魅力ですが、このテトリスエフェクトほどの高い没入感とトランス体験を与えてくれるゲームはそうそうありません。

「これまでに無い体験がしたい!」という独自性の高いゲームを遊びたいゲーマーは間違いなくマストバイです!

理由2.「やりこみ要素」が豊富

メインモードのJouny Modeは、全27エリアある上に、そのエリア内も複数ステージ構成されてるため、長い時間を遊ぶことが出来ます。(筆者は40時間以上これで遊んでいます)

また、Effect Modeでは上記で紹介した「マラソン」や「スプリント」といったお馴染みのルールの他に、プレイヤーの腕前を認定してくれるモードもあります。

さらにJouny Mode・Effect Mode双方に難易度設定を行うことができるなど、豊富なゲーム要素がテトリスエフェクトにはあるますので、金額以上に楽しめるのは間違いありません。

テトリスエフェクトの操作方法

  • 左右十字キー:ブロックの移動
  • 上十字キー:最下部まで即落下
  • 下十字キー:落下速度のアップ
  • ×ボタン:ブロックの回転
  • R1 or L1:ブロックのストック・取り出し
  • R2 or L2:ゾーン

上記のように、テトリスプレイヤーにとってはお馴染みの操作内容となっています。

また、テトリスエフェクトで追加された新システム「ゾーン」はR2 or L2で起動可能です。

テトリスエフェクトの評判や感想・レビュー

最後にテトリスエフェクトの評判を紹介します!


神ゲーだと断定する人から…


エフェクトも音楽も良かったという声や…


エフェクトのバリエーションが豊富で飽きない!と絶賛する声まで。

サービスコンセプトは変わらないのですが、ゲームとして超絶パワーアップしてることが伺える評判がツイッターには散見されました。

PSVRゲームのブログメディア 「PSVR日記」では2018年のランキング1位としてランクインしている本作。

ぜひみなさん体験してみくださいね!

 

まとめ

ここまで、テトリスエフェクトの概要や魅力を紹介しました。

ここまでの記載の通り、プロデューサーである水口氏の「Rez」や「ルミナス」のコンセプトでもあるプレイヤーのプレイ内容と映像・サウンドエフェクトが一体となる「共感覚」を受け継いだゲームであることは間違いありません。

そのため水口氏のファンであれば、間違いなく買うべきゲームタイトルだと断言いたします。

勿論、そうでない方も、珍しいゲームを遊びたいゲーマーにとって外せないゲームとなっています。VRゲームの魅力を一番体験できるゲームです。

PSStoreで体験版が配信されているので、この記事を読んで興味を持っていただいたのなら、まずは体験版を遊ぶをおすすめします!

きっと買いたくなること間違いないですよ!

PSVRのゲームについてもっと知りたい方はこちら→)【プロ厳選!】PS VRおすすめ神ゲーム22選 徹底解説!


XR-Hub 編集部