【プロ厳選】VR事業者が選ぶ360度VRカメラ5選!


今、360度カメラが注目を集めています。VRで自分が撮影した動画をYouTubeなどで楽しんでもらうため、購入している人が増えているそうです。

しかし、360度カメラもどんなシチュエーションで利用するかで最適な機種が異なります。今回は最適な360度カメラの選び方を徹底解説しましょう。

360度カメラはなぜVRで必要か

そもそも360度カメラとは、360度全体を撮影可能な全天球カメラのことをいいます。あなたが普段使っているスマホのカメラは正面を撮影します。

しかし、360度カメラは複数のレンズを搭載し、そこで撮影した複数の画像をつなぎ合わせて360度全体を画像として残すことが可能に。

ちなみに、このつなぎ合わせのことをスティッチと呼びます。

スティッチの精度が高いと以下のような動画を製作することが可能です(左上の矢印で360度見渡すことができます)。

VRでは、正面の景色のみが映し出されても全く臨場感が湧きません。

しかし360度カメラで撮影すればこの問題は解決します。まるでその場所にいるかのように再現され、臨場感が生まれ、その世界に没入することができるのです。360度カメラの性能次第で、表現したいVRの完成度がまるで変わってしまうのです。

360度のVR動画を作成する手順はこちら→)360度VR動画の作り方を徹底解説!撮影、編集、アップ手順まで

VR開発者なら押さえておきたい!360度VRカメラを選ぶ3つのポイント

それでは、実際にどんなカメラを選べば良いのでしょうか。360度カメラを選定する上で3つのポイントがあるので、それを解説しましょう。

ポイント1:価格

まず一つ目は価格。これはもっとも頭の痛い問題かもしれません。お金に糸目をつけなければ、高性能な機種を手に入れることはできますが、実際そんな余裕は無いという人がほとんどでしょう。

コンシューマー向けでも価格は3万円から10万円近くまで幅がありますので、機能などを見て選択するようにしましょう。

ポイント2:画質などの機能

カメラを購入する上でどうしても見ておきたいのが画質です。高性能な機種は4Kが撮影可能。どこまで求めるかはどんなVRコンテンツによりますが、現在の360度カメラは高精細なものを撮影できるのは間違いないでしょう。

360度カメラは専用機種だけでなく、スマートフォンに装着して使用できるタイプもあります。手軽に撮影するなら後者の方がおすすめかもしれません。

ポイント3:利用シーン

撮影する環境も360度カメラを選ぶ上で大事なポイント。特に、外で撮影する場合はほこりなどが気になりますよ。また、天候が悪くなってきたとき、雨が降ってカメラが浸水してしまうことも。

360度カメラは防塵性、防水性に優れたタイプもあります。利用シーンに応じて、最適な機種を選びましょう。

360度カメラを徹底比較

選定のポイントがわかったところで、ここでは代表的な360度カメラを紹介します。

各々で特徴があり、それを踏まえてチョイスするようにしましょう。

Insta 360 One

(Amazonより抜粋)

スマートフォンに装着して使用することができる360度カメラの中でもシェアが高い機種。メリットはなんと言っても気軽に使えること。

iPhoneに対応しており、日本人なら手を出しやすいのでは。エントリーモデルは2万円台から購入できるのもポイントです。

関連記事)究極の360度カメラ?Insta360 ONEの性能がすごすぎる件!

購入はこちら

RICOH THETA V

(Amazonより抜粋)

専用機の中で比較的購入しやすいのがRICOH THETAシリーズ。

必要となる機能はひと通り揃えており、価格も4万円台で購入できるのが嬉しいところ。コンパクトで持ち運びしやすいのもメリットです。

関連記事)Ricoh theta(リコーシータ)は買い?スペックや価格について解説!

購入はこちら

GoPro Fusion

(Amazonより抜粋)

あのGoProも360度カメラを販売しています。

耐久性に優れており、しかも5Kの高精細動画も撮影が可能に。さらに5Kの映像から好きな部分を動画として切り出せるオーバーキャプチャも搭載。

360度カメラでも他社と差別化してシェアの拡大を図ろうとしています。

購入はこちら

SAMSUNG Gear 4K

(Amazonより抜粋)

こちらも高精細な動画撮影が売りの360度カメラ。iPhoneやGalaxyにも動画を配信することができるのが特徴です。

バッテリーも130分、メモリーも256GBまで搭載可能で長時間の撮影にもおすすめです。

購入はこちら

360fly 4K

(Amazonより抜粋)

厳しい環境で撮影する場合は、抜群の耐水性・防塵性を誇る360fly 4Kがおすすめ。お手軽サイズで全天球スティッチレスな動画を撮影できます。

底面撮影はできませんが、それが不要ならベストチョイスになるかもしれません。

購入はこちら

まとめ

いかがでしたか?360度カメラは想像した以上に身近な存在になっていると言えるでしょう。

360度カメラはプロ向けになると40万円台の機種もありますが、これからという方はまずエントリーモデルで慣れるのがおすすめ。

どんな動画を撮影できるか体感してから、こだわりの機種を選んでみてはいかがでしょうか。

VR開発者の参考になれば幸いです。


この記事はいかがでしたか?
もし「参考になった」「面白かった」という場合は、応援シェアお願いします!