【MagicLeap入門】Unityのセットアップ手順を1から解説!


MagicLeapのアプリを開発していくためには、はじめにUnityのセットアップ作業が必要になります。

そこで、MagicLeap開発のためのUnityのセットアップの手順を解説していきます。

※本記事は2020年3月現在の最新バージョンであるLumin SDK 0.23.0におけるセットアップ手順になります。

バージョン0.23.0より前のLumin SDKを使用したい場合はMagicLeap公式のガイドをご利用ください。

Unity Editorをインストールする

【前提知識】MagicLeapとUnityのバージョン互換性について

MagicLeapのアプリを開発するためにはLumin SDKを使用しますが、最新バージョンであるLumin SDK 0.23.0と互換性を持つのはUnity 2019.2.xx以降のバージョンになります。

そのため、Unity 2019.2.xx以降のUnity Editorをインストールする必要があります。

そこで適したバージョンのUnityをインストールする手順をまずご紹介します。

Unity Editorのインストール手順

⓪事前準備

UnityでMagicLeapのアプリを開発するにはMagicLeap Toolsをインストールしておく必要があります。

インストールをしていない方はMagicLeap公式ページのInstall the Toolsを参考にしながらインストールしてください。

①Unity Hubのインストール

Unity Hubがインストールできていない場合はUnityの公式ダウンロードページからインストールを行ってください。

Unity Hubの詳しいインストール手順やできることは以下でまとめているので、是非ご参考ください。

②Unity HubでUnity Editorをインストール

Unity Hubを立ち上げ、インストールの「インストール」ボタンをクリックしてください。

Unity Hubのキャプチャ

「Unityバージョンを加える」が表示されるので、Unity 2019.2.xx以降のバージョンを選択し、「次へ」をクリックします。

「Lumin OS(Magic Leap) Build Support」を選択した上で、「実行」をクリックします。

以上でMagicLeapに対応したUnity Editorのバージョンをインストールが完了します。

Unityプロジェクトのセットアップ

次はUnity Editorでのセットアップを解説していきます。

まずUnityでMagicLeapの開発を行う際には、基本的にMagicLeap用のUnityプロジェクトテンプレートから派生させる方が準備の時間も短縮できるので推奨します。

そこで、今回はテンプレを使用したセットアップ手順を説明します。

1.以下からテンプレートをダウンロードしてください(MagicLeap公式ページから引用)

プロジェクトテンプレート名 Magic Leap SDKバージョン Unityバージョン
Unity-Project-Template-0.23.0 Lumin SDK 0.23 Unity 2019.2.X
Unity-Project-Template-0.22.0 Lumin SDK 0.22 Unity 2019.2.X

2.ダウンロードしたファイルを解凍します。

3.Unity Hubを立ち上げ、プロジェクトで「リストに追加」を選びます。その後先ほどダウンロードしたファイルを選択して、「フォルダーの選択」をクリックします。
すると、Unity Hubのプロジェクトの一覧に追加されます。

4.プロジェクトのリストに表示され、クリックするとUnity上で開かれます

※「Unity バージョン」に表示されているUnity Editorがインストールされていない場合、以下のような警告が表示されます。

この場合は「Unityバージョン」に表示されたバージョンをインストールしてください。

5.Unityが開かれるので、メニューバーのFile>Build Settingsを選択します。

するとBuild Settingsというダイアログが開かれるので、Platformを「Lumin」をクリックし、「Switch Platform」をクリックします。

6.次にLumin SDKのパスを設定します。

まずメニューバーからEdit>Preferences…を選択します。

Preferencesのダイアログが開かれるので、External ToolsのLuminという項目にMLSDKのファイルパスを設定します。

以上でプロジェクトのセットアップは完了です。

これでMagicLeapのアプリを開発できる状態になったので、開発を進めていきましょう。

まとめ

Unityを使ったMagicLeap開発のセットアップは以上になります。

XR-HUBではMagicLeap開発の参考になる記事も随時更新しております。

参考記事)【MagicLeap入門】ハンドトラッキングの使い方を学ぶ!

参考記事)【MagicLeap入門】3Dオブジェクトを任意の平面に設置する!

また、Unityの開発についてもっと学びたいという方は以下の記事をご参考ください。

参考記事)【Unity入門】ゲーム開発ができるようになる基礎知識まとめ

XR-HUBでは引き続きMagicLeapの使い方をご紹介していきますのでぜひご参考ください。


この記事はいかがでしたか?
もし「参考になった」「面白かった」という場合は、応援シェアお願いします!

株式会社x garden CGO(Chief Growth Officer)
Unityエンジニアとして日々Unityと奮闘中
自他共に認めるゲーマー
Splatoon最高記録:世界6位(リグマペア)
ApexLegends最高記録:5連チャンピオン