【Unityチュートリアル完全攻略】初心者向け3Dゲームの作成


Unity入門として、簡単な3Dゲームを作成していきます。

「Unityを始めたいが何から始めてよいかわからない」「ゲーム開発に興味はあるが自分にできるか心配」という方々にも簡単にUnityを使用したゲーム開発が可能です。

Unity・ゲーム開発をやったことがない入門者向けにできるだけわかりやすく解説していきますのでぜひチャレンジしてみてください!

Unityで3Dゲームを作成する

今回はUnityの入門として、Unity公式チュートリアルの「玉転がしゲーム」を作成していきながら、Unityの使い方を解説していきます。玉転がしゲームは3Dゲームの中では非常に簡単に開発可能なゲームです。

残りアイテム確認

 

このチュートリアルをできるだけ簡潔に、わかりやすく解説していきます。

チュートリアル自体も非常に細かく説明してあるのですが、プログラミング経験が無いうえに、初めてUnityでゲームを開発する人には難しい専門的な説明が複数記述されています。

実際にUnityチュートリアルの言葉が難しいとの声も…


そのような方々の入門編として、できるだけ必要な情報のみを抽出して解説します。

Unityの準備からステージ作成

このセクションではUnityの準備からステージの作成までをご紹介します。

Unityの準備では、Unityのプロジェクトを作成して下準備をする基礎中の基礎を解説します。記事内のリンクからUnityの開発環境構築(ダウンロード・インストール)方法も確認することができます。

ステージ作成ではステージと呼ばれるUnityの土台部分、床や壁の設置を行います。この解説で、Unityが非常に操作性が良く、簡単にゲーム開発ができることがわかると思います。

壁色マテリアル設定

Unityの準備からステージ作成 解説ページ

プレイヤーの作成からカメラの設定

このセクションではプレイヤーの作成からカメラの設定までをご紹介します。

プレイヤーの作成では、実際にステージ上を動き回るプレイヤーを作成します。実際に方向キーから入力を受け取ってプレイヤーを操作させます。

この部分は一見すると難しそうな気がしますが、開発を進めていくと、思いのほか簡単にプレイヤーを作成することができると思います。

カメラの設定では、3Dゲームならではの視点でゲームをするためのカメラの設定を行います。この部分はUnityを使うことで非常に簡単に実装することが可能になります。

このセクションではじめてC#のプログラミングが出てきますが、プログラミングに抵抗がある方々にもスムーズに進めていただけるよう出来るだけ簡潔に解説します。

メインカメラ設定確認

プレイヤーの作成からカメラの設定 解説ページ

アイテムの設置からUIの設定

このセクションではアイテムの設置からUIの設定までをご紹介します。

アイテムの設置では、前のセクションで作成したプレイヤーが回収するアイテムを設置します。また、ここでUnityの便利なポイントの一つである拡張性の高さがわかります。

一度作成したオブジェクトは何回でも呼び出し可能で、オブジェクトの一つを編集することですべてにその編集が適応されます。

UIの設定では、よりゲーム性を出すために、プレイヤーが回収するアイテムの残りの数をゲーム画面上に表示する方法を解説します。

この作業は少しだけ複雑ですがこの部分までをマスターすると、Unityの基本操作を理解することができます。

プログラムも多数出現しますが、できるだけ簡潔に解説しますのでぜひ挑戦してみてください。

残りアイテム確認

アイテムの設置からUIの設定 解説ページ

まとめ

Unityの3Dゲーム開発の入門として、Unityチュートリアルでも紹介されている玉転がしゲームの解説をしてきました。

皆様に少しでもUnityでの3Dゲーム開発の簡単さ、面白さを理解していただければ幸いです。本記事以外にもより実践的なゲーム開発に役立つ記事も随時アップしていきたいと思っております。

また、Unityで今話題のARアプリの開発を紹介する記事もありますのでぜひご覧ください。

AR開発初心者必見!UnityでVufoliaを使用してARを作成してみた


Furui