【Unity入門】初心者用チュートリアル攻略【プレイヤーからカメラ設定まで】


前回記事で紹介した通り、Unity入門として簡単な3Dゲームを作成していきます。

また、今回作るゲームはUnity公式のチュートリアルを参考に「玉転がしゲーム」を作成します。Unityチュートリアルの内容をできるだけ簡潔にかつ分かりやすく解説します。

本記事ではプレイヤーの作成からカメラの設定までを解説します。

今回初めてプログラムを記述しますが、プログラムはすべて準備してありますので気軽に挑戦してください。

プレイヤーの作成

プレイヤーを作成します。

今回プレイヤーは球体とします。このプレイヤーは玉転がしゲームの肝となる部分です。

プレイヤーオブジェクトの作成方法

プレイヤーオブジェクトを作成します。

球体設定

以上のように、ヒエラルキービューの作成から、3Dオブジェクト、スフィア(球体)を選択してください。

また、作成したスフィアの名前を「Player」としてください。

次にPlayerを選択して座標を設定します。

Player座標

赤枠の中の位置の数値を以下のように設定してください。

  • 位置(x:0,y:1.5,z:0)
  • 回転(デフォルト)
  • 拡大/縮小(デフォルト)

これにより、プレイヤーをステージよりも少し高い位置に設置できます。

コンポーネントの設定

コンポーネントを設定します。コンポーネントとは、オブジェクトの部品のことです。コンポーネントによって、オブジェクト自身を動かしたり、他のオブジェクトに影響を与えることができます。

まずはPlayerに重力を設定します。

ヒエラルキービューのPlayerを選択します。

重力設定

以上のように、インスペクタービュー下部のコンポーネントを追加、Physics、リジッドボディを選択します。

これによってPlayerに重力が発生します。実際に確認してみましょう。

重力確認

以上のように、再生ボタンを押すことで実際のプレイ画面になり、問題なく設定できていればこのような挙動になります。

プレイヤーを動かす

次にプレイヤーを動かすためのコンポーネントを設定します。

 

また、プレイヤーを動かすためのコンポーネントはUnityに準備されていません。そこで自分でプレイヤーの動きを作成する必要があります。このコンポーネントはC#やUnityScriptで作成することができます。今回はC#を使用します。

ヒエラルキービューのPlayerを選択してください。

スクリプト追加

以上のように、インスペクタービュー下部のコンポーネントを追加から、NewScriptを選択します。名前は「PlayerController」としてください。

次にスクリプトの編集をします。

スクリプト選択

赤枠のPlayerControllerをダブルクリックしてください。これによりVisualStudioもしくはMonodevelopが起動し、スクリプトを編集できます。

今回は入門編のため、C#の詳細については記述しません。

以下プログラムをそのまま張り付けて保存していただければ問題なく動作します。

プログラムのそれぞれの意味の概要は緑文字で記述してありますのでご参考ください。

方向キーを押してみてプレイヤーが動けば問題ありません。

また、プレイヤーの速度はヒエラルキービューのPlayerを選択して、インスペクタービューPlayerControllerのspeedの値を変更することで調整できます。

これでプレイヤーの作成は完了です。

スクリプトの整理

ここでスクリプトの整理をします。

今回作成したようなスクリプトを後程の作業でも作成するため、フォルダを作成して整理します。

プロジェクトビューの作成から、フォルダを選択します。名前は「Script」とします。次に、各スクリプトを作成したScriptへドラッグ&ペーストします。これによりファイルが整理されました。(後程作成するFollowPlayerも同様にScriptの中に移動してください)

カメラの設定

次にカメラの設定をします。

デモを見ていただければわかると思いますが、カメラが低い位置に固定されているため、非常に見栄えが悪いです。

そこでプレイヤーに追従するようにカメラをする方法を紹介していきます。

まずはじめにMainCameraをPlayerの子オブジェクトに設定します。

メインカメラ設定

以上のようにすることでプレイヤー視点でのプレイ画面になります。では実際に確認してみましょう。

メインカメラミス設定

以上のように、この設定だけだとプレイヤーと一緒にカメラも回転してしまいます。

そこでMainCameraにコンポーネントを追加してこの問題を解決します。

まずヒエラルキービューのMainCameraをPlayerの子オブジェクトからはずしてください。

次にMainCameraの位置を再設定します。

ヒエラルキービューのMainCameraを選択してください。

メインカメラ位置

赤枠の値を以下のように設定してください。

  • 位置(x:0, y:9, z:-5)
  • 回転(x:60, y:0, z:0)

ヒエラルキービューのMainCameraを選択してください。先ほどのPlayerでスクリプトを追加したように、コンポーネントを追加から「FollowPlayer」を追加してください。

FollowPlayerのプログラムを以下のように編集してください。こちらのプログラムも入門編ですので詳細は記述しませんが、内容についてはプログラム内のコメントをご参考ください。

 

これによりカメラがプレイヤーを追従するようになります。実際に確認してみましょう。

メインカメラ設定確認

以上のように、カメラの追従が可能になりました。角度の設定等は、メインカメラの位置を変更すれば調整できますので、ご自分のお好きな角度、距離に調整してください。3Dならではの視点を簡単に設定できるのは大変面白いですね。

これでカメラの設定は完了です。

まとめ

Unity入門として3Dゲーム開発をしてきました。今回は3Dゲームの肝となるプレイヤーの作成とカメラの設定をしました。少しずつゲーム開発らしくなってきましたね。次回のUnity入門記事ではこのプレイヤーが回収するアイテムの設定と、ゲーム要素を追加するためのUIの設定をご紹介します。

次記事:アイテム作成からUI設定 解説ページ

前記事:準備からステージ作成 解説ページ

元記事:【Unityチュートリアル完全攻略】初心者向け3Dゲームの作成


Furui